ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■ラーモス日伯文化協会元会長 山本和憲さん

■訃報■ラーモス日伯文化協会元会長 山本和憲さん

山本和憲さん

山本和憲さん

 サンタカタリーナ州ラーモス移住地の梨生産者・山本和憲(かずのり)さんが梨の摘果作業中の怪我で感染症から「敗血症性ショック」となり、18日にクリチバーノス市のヘリオ・アンジョス・オルチス病院で亡くなった。行年72歳。
 長崎県生まれ、独協大学法学部で憲法を研究。26歳だった1976年、農業経験はなかったが、思うところあって妻とラーモス移住地へ農業移住。日本式経営による農家の連携構築、和梨栽培のノウハウを導入して高品質の果実生産に成功し、現地における日本人の名声を高めた。
 ラーモス日伯文化協会会長も務めて日本語教育の維持向上、和食普及などに尽力した。日本文化紹介の拠点「八角堂」の建設発案者でもある。2014年にはラーモス移住地50周年の記念誌『絆』を編纂。
 このように移住地の発展に寄与した功績から、2019年には外務大臣表彰を受賞した。
 19日に行われたズームによる葬儀でも日本から歌手の井上祐見さんをはじめ、森口エミリオ医師、青木智栄子さん、木村元前クリチバ総領事(現・モザンビーク特命全権大使)の夫人ちえさんも参列。在クリチバ総領事館の若枝一憲領事から木村全権大使の弔辞も読まれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本永群起氏、初七日ミサ2010年5月13日 本永群起氏、初七日ミサ ニッケイ新聞 2010年5月13日付け  10日に亡くなったツニブラ・トラベル元専務の本永群起氏(享年79)の初七日ミサが16日午後6時半から、サンパウロ市ヴェルゲイロ区のサント・アゴスチーニョ教会(pca. Santo Agostinho, […]
  • 刊行物2003年8月20日 刊行物 8月20日(水) […]
  • 大耳小耳2016年1月27日 大耳小耳  1月発行の「コチア青年会報」第33号は読み応えがある。8年間も勤務した事務局の樺島幸子さんが2月の総会を機に退職するというショックな「お別れの挨拶文」に始まり、花嫁移民の体験談が続々と掲載されているからだ。秋吉寿子さんは最初、リオのマカエ入植地にいた頃、庭にドラム缶をすえて何 […]
  • フォークランド油田開発=中南米首脳宣言は無視か=伯支持は伝統の産物=亜便宜主義は説得力欠く=マルビナスは軍事基地化2010年2月24日 フォークランド油田開発=中南米首脳宣言は無視か=伯支持は伝統の産物=亜便宜主義は説得力欠く=マルビナスは軍事基地化 ニッケイ新聞 2010年2月24日付け […]
  • 東西南北2008年9月16日 東西南北 ニッケイ新聞 2008年9月16日付け  サンパウロ市証券取引所(ボベスパ)は十五日午後四時半現在で、七・五九%も暴落した。米国金融危機の高波をもろに受けた格好。ダウジョーンズが三・五九%も下落。日本の市場などへの悪影響も予想されている。 […]