ホーム | ブラジル国内ニュース | 《チリ》ピニェラ大統領罷免を下院承認=残りは上院審議、3分の2必要

《チリ》ピニェラ大統領罷免を下院承認=残りは上院審議、3分の2必要

 10月はじめに世界中で物議を醸したパンドラ文書で、家族が関与する企業の売却との関連で利益相反の可能性があることが判明したセバスチャン・ピニェラ大統領の罷免審議を、チリの下院が9日に行って承認した。9日付現地サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ