ホーム | 日系社会ニュース | 日本海外協会=子供向けブラジル書籍の寄付を=日本在住ブラジル人子弟に

日本海外協会=子供向けブラジル書籍の寄付を=日本在住ブラジル人子弟に

 【群馬県大泉町発】日本海外協会(林隆春理事長)は、訪日予定がある人に向けて本の寄付の協力を呼び掛けている。寄贈してほしい本の種類は、絵本や児童書など子供向けのもの。また裏表紙に提供者の氏名が書いてあればイベントで使用した際にSNS等で報告される。
 日本に住むブラジル人子弟は、絵本や児童書などといったブラジルの本に触れる機会が少ない。また、日ポ両語の習得がままならないまま親になるブラジル人子弟も珍しくない。
 日本海外協会はそのような子弟へポルトガル語とブラジル文化に触れる機会の提供を目的とし、ブラジルの本を届けるプロジェクト「Books for community」を行っている。集めた本を利用した絵本の読み聞かせ会なども開催する。
 郵送先は日本海外協会(群馬県邑楽郡大泉町西小泉4―11―22 ブラジリアンプラザ2階)、本プロジェクトの問い合わせは担当者(info@nihon-kaigaikyoukai.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ