ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》連邦高等裁が議員特権理由に一審判断無効化=大統領長男のピンハネ裁判で

《ブラジル》連邦高等裁が議員特権理由に一審判断無効化=大統領長男のピンハネ裁判で

ノローニャ判事(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 連邦高等裁判所(STJ)第5小法廷は9日、ボルソナロ大統領長男のフラヴィオ上議(パトリオッタ)のリオ州議時代のラシャジーニャ(職員給与のキックバック、ピンハネ)疑惑に関するリオ州地裁における一審判事の判断をすべて、無効にする判断を下した。これは「裁判所の管轄が間違っていた」との判断で、無罪判決ではない。9、10日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ