ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》クリスマス商戦は5%成長=サンパウロ州商業連盟が予測を発表

《サンパウロ州》クリスマス商戦は5%成長=サンパウロ州商業連盟が予測を発表

売上増が期待されるクリスマス商戦(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

 サンパウロ州商業連盟(Fecomercio―SP)が、同州の12月の小売販売は昨年を42億レアル(5%)上回る910億レアルに達する見込みと発表したと1、2日付現地サイトが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 子供たちに原爆の恐ろしさを=8月灯ろう流しに1千人参加=レジストロで被爆写真展も=サンパウロ州教育局が平和プログラム2010年5月21日 子供たちに原爆の恐ろしさを=8月灯ろう流しに1千人参加=レジストロで被爆写真展も=サンパウロ州教育局が平和プログラム ニッケイ新聞 2010年5月21日付け  「子供たちに原爆の恐ろしさ伝えたい」―。サンパウロ州教育局はこのほど、年間教育プログラム『平和の灯ろう流し』(Tooronagashi da […]
  • 2010年=全伯日本語学校生徒作品コンクール=6部門に2106点集まる=6州86校の1074人が応募2010年9月24日 2010年=全伯日本語学校生徒作品コンクール=6部門に2106点集まる=6州86校の1074人が応募 ニッケイ新聞 2010年9月24日付け  ブラジル日本語センター(谷広海理事長)は2010年度全伯日本語学校生徒作品コンクールを開催、今年は1074人が参加し個性豊かな2106作品が集まった。6部門にはそれぞれ、作文207点、書道332点、条幅78点、硬筆645点、絵画7 […]
  • 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(80)2016年1月15日 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(80)  終戦直後の1946年12月、サンパウロから藤平正義という男がやってきて、残り少なくなっていたラミーの事業化を企て、精製工場をつくった。 藤平のことは拙著『百年の水流』改訂版で触れた。終戦直後の勝ち組・負け組抗争で、認識派=負け組=の実働部隊の中心となり、DOPSを動かして勝ち […]
  • カロン文協が慈善バザー2003年3月4日 カロン文協が慈善バザー 3月4日(火)  カロン文化体育協会(中川正光会長)は十五、十六日午前九時から、サンパウロ市ヴィラ・カロン区ヌーネス・バウボーア街二九九番の会館で第十三回慈善バザーを開く。利益は同協会の運営費に充てられるとともに、日系福祉団体に寄付される。輸入品、国産品のほか婦人部( […]
  • コロニアは消滅したか?2015年6月18日 コロニアは消滅したか?  107年目の移民の日に日刊邦字紙が2紙も続いている事実を、誰が予想できたか。例えば1970年3月3日付(45年前)パ紙の「十年後のコロニア」記事で、日本の研究者・山田睦男氏は「コロニアは消滅するが、日系人は機能分化しながら各分野に地位を確保する」と論じた▼文協の初代事務局 […]