fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》教育相を連邦警察が事情聴取=同性愛者偏見発言で

《ブラジル》教育相を連邦警察が事情聴取=同性愛者偏見発言で

 最高裁のジアス・トフォリ判事は7日、連邦警察に対し、ミルトン・リベイロ教育相が行った同性愛者差別疑惑発言に関する捜査を始める前に、同教育相から直接、事情聴取を行うようにとの命令を下した。7日付現地サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ