ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》軍警の制服に携帯カメラ 警察官による暴力抑制狙う

《サンパウロ州》軍警の制服に携帯カメラ 警察官による暴力抑制狙う

 警察官による暴力事件を減らすため、サンパウロ州軍警が制服の胸元に携帯カメラの装着をはじめると、1日付現地紙が報じている。

 ブラジルでは、警察官による一般市民殺害事件が増えている。2012年は警察官に殺された人が全国で2332人いたが、17年はそれが5012人に倍増した。同じ年に全国で殺害された警察官は、385人に過ぎなかった。

 また、サンパウロ州でも、殺害された警察官の数はここ数年間ずっと、年60~80人ほどだが、警察官に殺された人の数は800~900人台で、高い状況が毎年続いている。

 そうしたこともあり、サンパウロ州ではまず、警官による暴力行為への不満や家庭内暴力が頻繁に発生する地区にある六つの部隊で、制服への携帯カメラ装着をはじめる。四つの部隊はサンパウロ市、残りはサントスとソロカバになる。

 サンパウロ市では第18大隊のあるフレゲジア・ド・オーや、モオカ、エリオポリス、カポン・レドンドが対象となる。

 携帯カメラ装着による効果については既に、アメリカやイギリスなどで実績が報告されているという。

 フォーリャ紙の論評では、カメラで軍警の行動を記録することは、警察官による暴力行為や職権乱用の抑制に役立つと見られるが、サンパウロ州では17年に起きた警察官による殺害事件の9割がお蔵入りしており、暴行警察官への処罰が促進されるかは不明だという。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=麻疹患者40日で7倍に=都電の駅にも接種ポスト2019年7月18日 サンパウロ州=麻疹患者40日で7倍に=都電の駅にも接種ポスト  【既報関連】保健省が17日、今年に入ってからの全国の麻疹(はしか)患者は426人で、感染の有無確認中の擬似症患者も810人いると発表したと同日付G1サイトが報じた。  真性患者の報告は7州から出ているが、特出しているのは、82%に当たる350人の感染が確認されている […]
  • サンパウロ市=使用済みの油で石鹸作り=環境保護と収益増の試み2019年7月2日 サンパウロ市=使用済みの油で石鹸作り=環境保護と収益増の試み  サンパウロ市極南部のジャルジン・サンルイス区で、使用済みの食用油で石鹸を作ったり、環境保護などに関する講習会を行ったりしている団体がある。同地区出身のレナト・ロッシャ氏が代表を務めるコレティヴォ・デッド・ヴェルデだ。  下水や川に流れ込んだ食用油は、環境汚染の主要因 […]
  • サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役2019年7月11日 サンパウロ州海岸部=イタリア人の親子を逮捕=母国のマフィアの調整役  サンパウロ州海岸部プライア・グランデで8日、連警がイタリア人のニコラ・アシジ(61)、パトリック・アシジ(36)親子を、母国のマフィア、ヌドランゲタの南米調整役との容疑で逮捕したと9日付現地紙が報じた。  同親子は世界有数の麻薬密売者で、南米と欧州南部を結ぶ麻薬密売 […]
  • 《サンパウロ市》麻疹の予防接種キャンペーン=患者の多い15~29歳が対象2019年5月30日 《サンパウロ市》麻疹の予防接種キャンペーン=患者の多い15~29歳が対象  サンパウロ市保健局が、6月10日~7月12日に、15~29歳の青少年を対象とする麻疹(はしか)の予防接種キャンペーンを行う事を決めたと29日付現地紙が報じた。  特別キャンペーン実施と対象は、州保健局の主導で決まった。実施を決定付けたのは、ここ2週間の間に7人の患者 […]
  • サンパウロ州=免許更新はネットでOK=登録事項に変更があれば別2019年6月29日 サンパウロ州=免許更新はネットでOK=登録事項に変更があれば別  サンパウロ州交通局(Detran―SP)が26日、通常の運転免許の更新はインターネットで受け付けると発表したと27、28日付現地紙、サイトが報じた。  現時点でインターネットでの更新を受け付けるのは、サンパウロ市、グアルーリョス市、カンピーナス市、サントス市など、8 […]