ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》199人死亡の飛行機事後から10年=エアバス社が一部遺族に賠償金支払い

《ブラジル》199人死亡の飛行機事後から10年=エアバス社が一部遺族に賠償金支払い

 2007年7月17日にサンパウロ市のコンゴーニャス空港で起きた、TAM航空便オーバーラン事故の被害者の一部の遺族に対し、事故機製造会社のエアバス社から、賠償金3千万レアル(10億5千万円相当)が支払われる事になったと、12日付現地各紙が報じた。
 両者の合意はリオ州地裁において、11月13日付で認可された。
 この事故では199人が命を落としたが、賠償金を受け取るのは犠牲者33人の遺族93人だ。
 遺族団の弁護人、ガブリエラ・リストウ弁護士によると、賠償金は10万レアル~400万レアルと差がある。
 事故を起こした航空会社のTAM(現在はLatam)社は既にほとんどの遺族への賠償を行っている。だが、最初に身元が判明した米国人の犠牲者の遺族が、事故機製造会社であるエアバス社を相手取った裁判を米国で起こしたため、ブラジルでも一部の遺族が同様の裁判を起こした。
 遺族の一人は、「『賠償金で大もうけした』などと言われるが、全くお門違いだ。滅茶苦茶にされた人生が回復した人などいないし、弁護士費用や税金を差し引いたら、手元に残るのは僅かな金額」と語っている。
 Latam社広報部はエアバス社からの賠償金支払いについて、「既に197人の犠牲者の遺族への賠償は済ませた。残る2人の犠牲者の遺族とは係争中で、詳細に関しては差し控える」とのコメントを発表した。
 エアバス社も遺族への連帯を示し、賠償金の支払いで遺族と合意に達した事を確認しつつも、機体に不備があったから事故が起こったわけではないとの立場も強調する旨を書面で発表した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ市地下鉄=利用者減で17億レの損失=本数減り、待ち時間拡大=職員接種求めて20日にスト2021年4月16日 《ブラジル》サンパウロ市地下鉄=利用者減で17億レの損失=本数減り、待ち時間拡大=職員接種求めて20日にスト  新型コロナの影響による利用者減少などで、2020年のサンパウロ市の地下鉄の収益は17億レアルの損失を出し、運行本数減少などを余儀なくされたと1、13日付伯字紙、サイトが報じた。  新型コロナ感染への恐怖心や、在宅勤務や在宅と職場勤務を組み合わせたハイブリッドと呼ばれ […]
  • 《ブラジル》麻酔などの薬不足深刻化=入院拒否や患者を縛る病院も2021年4月16日 《ブラジル》麻酔などの薬不足深刻化=入院拒否や患者を縛る病院も  重症の新型コロナ感染症患者に人工呼吸器を装着する際に必要な薬品などが不足し、重症者の受け入れを拒否または制限する病院などが出ていると13~15日付現地紙、サイトが報じた。  重症化した新型コロナ感染症患者の増加は、集中治療室(UTI)の占有率上昇だけでなく、医療従事 […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]
  • サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで2021年4月16日 サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで  アイフード等のデリバリー配達員を装った強盗がサンパウロ市で多発している。4月6日(火)午後4時にはパライゾ地区で、デリバリー配達員を装った男2人組が犬の散歩中の人に拳銃をかざし、携帯電話を強取する事件が発生。同日に在聖総領事館も注意喚起を促すメールを送信している。 […]
  • 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も2021年4月15日 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も  貧困層が主に就業する掃除婦をしながら、娘の学費を稼いで大学を卒業させた母への感謝の気持ちから、母がいつも使っているユニフォームを着て大学卒業式に出席した女子学生が話題になり、大学から奨学金を受け取って大学院に進む事になった。  「ベッカ」と呼ばれる卒業式用の衣装を着 […]