ホーム | 日系社会ニュース | JHSP=『シンビオシス:生きられた島』=アートと環境が一体化する犬島

JHSP=『シンビオシス:生きられた島』=アートと環境が一体化する犬島

島各所にあるアートプロジェクト関連施設を示す模型

島各所にあるアートプロジェクト関連施設を示す模型

 サンパウロ市のジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)は11月30日から2月6日まで『シンビオシス : 生きられた島』展を2階の展示スペースで開催中だ。入場無料。
 同展は瀬戸内海に位置する離島『犬島』でアートや環境、住民との交流を通して地域の復興を目指すアートプロジェクトを紹介する巡回企画展。同展はサンパウロ市の後、ロンドンやロサンゼルスの拠点でも開催予定だ。
 同展は金沢21世紀美術館館長の長谷川祐子氏をキュレーターに迎え、2010年プリツカー賞受賞をしたSANAA(Sejima and Nishizawa and Associates)設立者の一人でもある妹島和世氏が展示デザインを手がける。
 同展の題『シンビオシス(共生)』は、過去と現在、自然と人間の営み、住民と来訪者といった相対するものが犬島という独特な地域で育む相互扶助関係を指すという。妹島氏は「このプロジェクトは犬島の風景や歴史を尊重しつつ、少しずつ環境を変えていく再創造の過程です」と語る。

島内にある建築物の模型

島内にある建築物の模型

 犬島には廃墟と化したかつて島の主産業だった銅の精錬所や人口衰退空き家となった古民家を美術館やギャラリーとして利用し、島の風景と共生しながら島内各所にアートや建築が立ち並ぶ。
 JHSPの展示会場には島にあるアートプロジェクトに関連する施設を模型化し、犬島各所で展開しているプロジェクトを紹介していく。展示作品や島内の様子が伺える映像も展示スペースで上映している。
 クルッグ館長は「島は1時間程で1周できる小さな島で、規模としては大きなプロジェクトではありません。ですが、現地の自然や特色を守りながら地域を活性化するプロジェクトとしてサンパウロにとって非常に参考になる取り組みを紹介できると思います」とコメントを寄せる。
 同館はコロナ禍のため入場者数を制限して開催中。オンライン予約からの入場予約は(https://agendamento.japanhousesp.com.br/)から。開館時間は火~金曜日が10時~18時まで。土曜日が9時~19時まで、日曜日・祭日は9時~18時の開館。月曜日は休館日。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協リッファの賞品贈呈=トヨタ車はラモスさんへ2018年11月13日 援協リッファの賞品贈呈=トヨタ車はラモスさんへ  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「第19回援協リッファ」の当選者への賞品贈呈式を、先月18日、援協ビルで開催した。  式典では、賞品を提供した協賛企業のトヨタ自動車、本田技研工業、パナソニックの三社から代表者が出席。税田清七副会長から、協賛企業とリッファ購入 […]
  • 大耳小耳2017年6月20日 大耳小耳  日本の女優の野際陽子さんが13日に死去した。81歳。3年前に肺せんがんが見つかり、手術や抗がん剤治療を行いながら仕事を続けていたという。野際さんといえば05年にNHKで放送され、ブラジル移民の苦難の歴史を描いたドラマ「ハルとナツ~届かなかった手紙」で、トラホームの日本に取り残 […]
  • ペレが伝記映画の記者会見欠席=腰の持病が思わしくなく2017年10月17日 ペレが伝記映画の記者会見欠席=腰の持病が思わしくなく  「サッカーの王様」ことペレが16日午前、自身の伝記映画『ペレ―伝説の誕生』の記者会見に体調不良を理由に欠席した。  この映画は、サッカー界の歴史的巨人であるペレの伝記ということもあり、世界的に注目されている。本当なら昨年公開されるはずだったが、1年ほど延期されていた。   […]
  • 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ2021年5月11日 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ  サンパウロ州政府が7日、新型コロナの予防接種の優先グループに50~54歳で恒常的な障害や慢性疾患を持つ人86万5千人を加えると発表した。  州政府は毎日のように新しいグループを優先接種対象に加えている。10日はダウン症の人、人工透析者、臓器移植後で免疫抑制剤の使用者 […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ次期大統領が引継作業班28人を発表=中核にエレーノ元陸軍大将ら=信任厚いなじみの顔並ぶ=29から17に省削減前提に2018年11月7日 《ブラジル》ボルソナロ次期大統領が引継作業班28人を発表=中核にエレーノ元陸軍大将ら=信任厚いなじみの顔並ぶ=29から17に省削減前提に  5日からのブラジリアでの政権引継作業開始に伴い、ジャイール・ボルソナロ次期大統領(社会自由党・PSL)が指名した次期政権閣僚予定者を含む作業班28人が連邦官報で公表された。作業班は総勢50人までで、残りのメンバーは追って発表される。引継作業は、現在、29ある省庁を17 […]