ホーム | コラム | 樹海 | モロが「第3の選択肢」という違和感

モロが「第3の選択肢」という違和感

モロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

モロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 「テルセイラ・ヴィア」。これがブラジルの大統領選の際に、2018年の時点から今日までずっと使われ続けている言葉だ。日本語に訳せば「第3の選択肢」。これはつまり、ボルソナロ氏の極右路線、ルーラ元大統領をはじめとした労働者党(PT)の左派勢力。このように投票者の傾向が2極化する中、「どちらも選びたくない人たち」にとって、もっと投票しやすい候補を求めての言葉だった。
 そこであがっていた名前がシロ・ゴメス氏(民主労働党・PDT)やジョアン・ドリア聖州知事(民主社会党・PSDB)なのだが、この場合、その意味合いに「中道寄り」の意味が込められていたものだ。
 ただ、その中にセルジオ・モロ氏を混ぜるのは少し意味が違うのではないか。コラム子は、そんな疑問を抱かずにはいられない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 百周年説明会=27日カンピーナスで2006年5月25日 百周年説明会=27日カンピーナスで 2006年5月25日(木) […]
  • 大統領選決選投票=ジウマかアエシオか?=有名人はどちらに投票?2014年10月25日 大統領選決選投票=ジウマかアエシオか?=有名人はどちらに投票?  26日はブラジルの大統領選挙の決選投票となる。ブラジル大統領選挙史上でも最大の接戦と言われる選挙ということもあり、国民の関心も高いが、ブラジルを代表する有名人はジウマ大統領(労働者党・PT)とアエシオ・ネーヴェス氏(民主社会党・PSDB)のどちらの候補に投票するか、見てみ […]
  • 和やかに62年目の同船者の集い=57年9月6日着ルイス号2019年11月8日 和やかに62年目の同船者の集い=57年9月6日着ルイス号  1957年9月6日サントス港着のオランダ船「ルイス号」の同船者会が、10月27日(日)にサンパウロ市の文協ビル5階県連会議室で行われた。当日は18人が参加し、思い出を語り合った。  彫刻家の豊田豊さん、追田空海雄さんをはじめとしたサンパウロ市内在住者や、スザノ市の高 […]
  • 第27回郷土民謡全伯大会=馬場アヤ子さんが優勝=55周年で祝賀使節団訪日2015年9月24日 第27回郷土民謡全伯大会=馬場アヤ子さんが優勝=55周年で祝賀使節団訪日  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)主催の第27回全伯大会が8月2日、サンパウロ市の宮城県人会館で開催され、100数人の歌手が集まって熱唱を繰り広げた。その結果、佐渡おけさを歌った馬場アヤ子さん(69、佐賀県)が見事優勝し、10月16日に東京・武道館で行われる「郷土民謡・民舞 […]
  • 正義の鉄槌は自分達の手で=仲間撥ねた車を川に落とす2015年8月28日 正義の鉄槌は自分達の手で=仲間撥ねた車を川に落とす  リオ・グランデ・ド・スル州都ポルト・アレグレ市で26日朝、土手の草を刈っていた清掃夫達が仲間を撥ねた車を川に突き落とすという事件が起きた。 事件が起きたのは、市内の幹線道路の一つのイピランガ大通りで、大通りの間を流れるディルーヴィオ川の土手の草を刈る作業中、石や草が跳ね飛んで […]