ホーム | 連載 | 2003年 | 近年の日本文学出版ブームに足かせ=日ポ翻訳者が足りない

近年の日本文学出版ブームに足かせ=日ポ翻訳者が足りない

近年の日本文学出版ブームに足かせ=日ポ翻訳者が足りない=(下)=大江健三郎全集の計画も=日本文学データベースを

12月3日(水)  国内の文学出版最大手カンパニア・ダス・レトラス社では、「読者の成熟が進み、日本文学への需要が高まっている」として、大江健三郎全集を出版する希望を持っている。すでに谷崎潤一郎の『鍵』、三島の『金色』、大江の二作品など、この四年間で六作品を出版し、今後五作品を上梓する予定だ。  編集アシスタントのセルジオ・テラロ ...

続きを読む »

近年の日本文学出版ブームに足かせ=日ポ翻訳者が足りない=(上)=UNESPがシンポ開催=もっと大学に養成講座を

12月2日(火)  もっと日本文学を出版したいのですが、良い翻訳者が足りません――。二十八日午後、聖市立マリオ・デ・アンドラーデ図書館で行われた日ポ翻訳者養成に間するシンポジウムで、出版社側から何度も要望が出された。  一方、現役翻訳者側からも、大学レベルの養成コースをもっと増やすと同時に内容を高度化させる必要があるとの意見が出 ...

続きを読む »