ホーム | 連載 | 2003年 | 老ク連、強行日程の旅―パラグアイの同士を祝いに

老ク連、強行日程の旅―パラグアイの同士を祝いに

老ク連、強行日程の旅―パラグアイの同士を祝いに(下)=錆びた乗用車が走るー国会議事堂の裏手にファベラ

9月6日(土)  パラグアイ(以下パ国)は、日本より早く、南米でも早い時期に蒸気機関車を導入した。日本では、リニアモーターカーが実用に向けて実験される時代に、パ国では薪をくべる汽車が現役で走る。温和なグァラニー族が中心になる、なんともゆったりとした国だ。  「南米のユートピア」とも呼ばれるパ国。夫妻で参加の早川正男、けい子夫妻( ...

続きを読む »

老ク連、強行日程の旅―パラグアイの同士を祝いに(上)=平均年齢70歳以上34人―瀑布の遊歩道を全員完歩

9月5日(金)   老人クラブ連合会(重岡康人会長)は、八月二十二日から二十六日までの日程で、二泊五日のバスツアーを行った。「パラグアイ日系老人クラブ連合会創立二十周年記念式典」参加が主たる目的。イグアスー、アスンシオンを車中二泊で回る強行日程にもかかわらず、聖州各地から三十四人が参加した。あらためて、日系高齢者たちの健在ぶりを ...

続きを読む »