fbpx
ホーム | 連載 | 2006年 | 移民政策=時代に対応、修正へ

移民政策=時代に対応、修正へ

移民政策=時代に対応、修正へ=連載(10)=これからは2国間協定で=日伯間の移動を容易に

ニッケイ新聞 2006年7月20日付け 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  三カ月ごとにビザを延長し、そのたびに約二 ...

続きを読む »

移民政策=時代に対応、修正へ=連載(8)=経済活動か?、人権か?=政策決定で主導権争い

2006年7月18日付け 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  「我々には、我々の見解があるんだ」。  法務省外国人局 ...

続きを読む »

移民政策=時代に対応、修正へ=連載(7)=永住権の取得対象者拡大=NGOの代表者も

2006年7月15日付け 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  「一年間で、個人の投資移住額が八倍になったんだ」。移民 ...

続きを読む »

移民政策=時代に対応、修正へ=連載(6)=新外国人法、年内に国会通過?=04年から3年計画で見直し進む

2006年7月14日(金) 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  法務官僚のルイス・パウロ・バレット氏は〇五年九月一日 ...

続きを読む »

移民政策=時代に対応、修正へ=連載(5)=80年代前半、移民時代の終焉=「コントロール」が前面に

2006年7月13日(木) 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  〈農業研修センターから、伯法人対策室に異動〉  一九 ...

続きを読む »

移民政策=時代に対応、修正へ=連載(4)=外国人法の規制は厳格?=受け止め方にかなりの温度差

2006年7月7日(金) 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  セグランサ・ナショナル──。  現行の外国人法は(1) ...

続きを読む »

移民政策=時代に対応、修正へ=連載(3)=戦後、外国人導入に消極的=受け入れ後弊害多発

2006年7月6日(木) 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  戦後の移民政策を平たくいえばこうだ。  〈外国人労働者 ...

続きを読む »

移民政策=時代に対応、修正へ=連載(2)=国内労働者の保護優先=たとえ政権変わっても

2006年7月5日(水) 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  「外国人を新たに受け入れるより、今は国内の失業対策が重 ...

続きを読む »

移民政策=時代に対応、修正へ=連載(1)=密入国者あとを絶たず=国境警備は混沌

2006年7月4日(火) 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  移民の扱いをめぐって、世界の大国が神経を尖らせている。 ...

続きを読む »