ホーム | 連載 | 2009年 | 分岐点に立つ若者たち=第2部・デカセギ子弟の帰化問題

分岐点に立つ若者たち=第2部・デカセギ子弟の帰化問題

 愛知県在住の秋山郁美さん(=本紙通信員、元本紙研修記者)は、昨年八月に連載「分岐点に立つ若者たちー在日子弟の悩みと将来」第一部(全三回)として二十歳前後の二人の生き様を掲載したが、さらに踏み込んだ「日本への帰化」問題を扱う第二部を送ってきた。日本で育った日系子弟が、いずれ真剣に考え、悩む大事な問題だ。ブラジル側日系社会としても親身になって、彼らの思いを受け止め、理解する必要があるだろう。〃二つの祖国〃に翻弄されるデカセギ子弟の真の苦悩が、ここにある。(編集部)

分岐点に立つ若者たち=第2部・デカセギ子弟の帰化問題=連載〈4・終〉=伯国に後ろめたさ感じる=「日本人の自信つけたい」

ニッケイ新聞 2009年2月10日付け  藤橋ゆき江さん(24、三世)が日本に帰化したことに対し、家族は「おめでとう」といってくれたが、二歳で来日した三つ年下の妹の反応は少し違った。  「よかったね、とは言ってくれたんだけど、帰化したらと勧めたら『わたしはブラジル人だからいいよ』とそっけない感じだった」。  「わたしが姉妹の中で ...

続きを読む »

分岐点に立つ若者たち=第2部・デカセギ子弟の帰化問題=連載〈3〉=藤橋ゆき江さん=日系人が日本人になる時=「やっとしっくりきた」

ニッケイ新聞 2009年2月7日付け  「やっとしっくりきた感じがする」。戸籍を持ったことをそう話す彼女を、実は、筆者は小学校の頃から知っている。あの頃からは髪型くらいしか変わらず、浅黒くて人懐っこい笑顔もそのままだ。  彼女の内面は、どうやってブラジル人から日本人になっていったのだろう。   ◎    ◎  藤橋ゆき江さん(2 ...

続きを読む »

分岐点に立つ若者たち=第2部=デカセギ子弟の帰化問題=連載〈2〉=帰化したが帰伯を決意=「国籍あっても外人扱い」

ニッケイ新聞 2009年2月6日付け  両親に連れられて幼年期を過ごした日本に、今度は自らの意思で行くことを決意した真境名(まじきな)エドアルド弘行さん(24、二世)。  「日本でフットサルの監督をしている叔父の影響もあって、サッカーやフットサルをやるために日本に行ってみたいという夢はあったけど、それまではデカセギに行くとは思っ ...

続きを読む »

分岐点に立つ若者たち=第2部・デカセギ子弟の帰化問題=連載〈1〉=真境名弘行さん=10月に派遣切りで失業=自動車産業へ不況直撃

ニッケイ新聞 2009年2月5日付け  愛知県在住の秋山郁美さん(=本紙通信員、元本紙研修記者)は、昨年八月に連載「分岐点に立つ若者たちー在日子弟の悩みと将来」第一部(全三回)として二十歳前後の二人の生き様を掲載したが、さらに踏み込んだ「日本への帰化」問題を扱う第二部を送ってきた。日本で育った日系子弟が、いずれ真剣に考え、悩む大 ...

続きを読む »