fbpx
ホーム | 連載 | 2011年 | マットグロッソ七夕祭り

マットグロッソ七夕祭り

 「O Japao esta mais Chapa e Cruz do que nunca(日本もクイアバ市民の仲間入り)」―。マットグロッソ州クイアバ市のサントス・ドゥモン広場で9月30~10月2日の夜、『第一回七夕祭り』(Festival do Japao Tanabata Matsuri)が開催された。冒頭のスローガンが桜の花や鳥居でデザインされたパネルに踊り、中央舞台を中心に、七夕飾りと鯉のぼりで彩られた夜空の下、3日間で約3万人の来場者を迎えた。同州、在聖日本国総領事館、宮城県人会、地元日系団体が力をあわせた取り組みを2回にわたり報告する。

マットグロッソ七夕祭り=(下)=地元コロニアが連携=「これからも継続して」=元上議 柳井ジョルジ氏も姿みせ

 「七夕祭りの開催は、ずっと前からの念願でした。ようやく実現して大満足」——。と満面の笑みを浮かべるのは、同地日本人会元会長で実行委員長の尾崎堯氏(76、秋田)だ。  マットグロッソ野球ソフトボール連盟の伊澤祐二会長(40、二世)、小林セルジオ副会長(51、二世)、クイアバ市に隣接するバルゼア・グランデ日伯協会の野内儀夫会長(4 ...

続きを読む »

マットグロッソ七夕祭り=(上)=大成功! 約3万人が来場=州主催、総領事館後援で=バルボーザ知事「継続して実施を」

 「O Japao esta mais Chapa e Cruz do que nunca(日本もクイアバ市民の仲間入り)」—。マットグロッソ州クイアバ市のサントス・ドゥモン広場で9月30〜10月2日の夜、『第一回七夕祭り』(Festival do Japao Tanabata Matsuri)が開催された。冒頭のスローガンが桜 ...

続きを読む »