ホーム | アマゾニア 関連記事

アマゾニア 関連記事

《ブラジル》経済防衛行政審議会が新たなカルテルの捜査開始=14年W杯の競技場建設で=ペトロブラスの建物も?

コパ・アメリカの決勝戦でも使われたマラカナン・スタジアム(ウィキペディア)  経済防衛行政審議会(Cade)が17日、2014年のW杯にまつわる競技場建設やペトロブラスの施設建設で組まれたカルテルに関する捜査を始めた事を明らかにしたと同日付現地紙サイトが報じた。  カルテルとは、複数の企業が連絡を取り合い、本来なら各企業が各自で ...

続きを読む »

県連日本祭り、初日から好調=小雨降る中、続々と来場者=ここだけの一品あちこちに

 いよいよ5日から、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)主催の「第22回日本祭り」が始まった。7日(日)までの3日間、聖市南部のサンパウロEXPOセンター(Rodovia dos Imigrantes, km 1,5)で開催している。雨の中、朝早くから出展者が準備に走り回り、企業ブース、郷土食広場、舞台公演者なども準備 ...

続きを読む »

第22回日本祭り=世界最大規模の日本文化祭典=日本からの来伯公演多数!=今年は和洋スイーツ合戦

 今年もブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の『第22回日本祭り』が、7月5日(金)、6日(土)、7日(日)の3日間、サンパウロEXPOセンターで開催される。本国以外では世界最大級の日本祭りで、約20万人の来場者を見込んでいる。日本からも大勢の人が来伯し、伝統芸能、日本各地の郷土食、コスプレやミス・ニッケイ、日本文化体 ...

続きを読む »

《ブラジル》アマゾナス州マナウスの刑務所で暴動=収容者の喧嘩で15人が死亡

暴動が起きたアニージオ・ジョビン刑務所(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 アマゾニア州マナウス市アニージオ・ジョビン複合刑務所で26日、収容者間の喧嘩が暴動に発展し、15人が死亡したと26、27日付現地紙、サイトが報じた。  暴動が起きたのは26日午前11時頃で、ちょうど家族の訪問を受け付けていた時間帯だった。  刑務所管理局のマルコス・ヴィニシウス局長によると、今回の暴動は収容者間の喧嘩が原因で、 ...

続きを読む »

■訃報■本紙パラー州通信員の下小薗昭仁さん

 【既報関連】本紙のパラー州通信員の下小薗昭仁さんが22日午前8時半、同州ベレンのアマゾニア病院で亡くなった。享年81。死因は肺炎の悪化によるもの。  下小薗さんは1937年8月29日生まれ、鹿児島県伊佐市出身。20歳、1957年10月にアマパー州マザゴン植民地へ入植した。  トメアスー総合農業協同組合勤務を経て、ベレンに移転。 ...

続きを読む »

■訃報■下小薗昭仁さん

 現地からの連絡によると、本紙「パラー州通信員」の下小薗昭仁さんが22日朝、パラー州ベレン市のアマゾニア病院で亡くなった。詳細は不明。22日晩に通夜、23日午前9時から市内の墓地で埋葬される予定だという。

続きを読む »

19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で

 日本政府は21日、2019年(令和元年)春の受勲者を発表した。伯国からは邦人7人、外国人12人の計19人が叙勲を受けた。一昨年は7人、昨年は13人と増えているが、在聖総領事館広報によれば「特に増えた理由はありません。審査した結果そうなったということです」とのこと。受勲者の一人、安永信一氏(71、三世)は、「とても嬉しい。自分一 ...

続きを読む »

パラー州政府が日系人に感謝=アマゾン日本人移民90周年=会場や設備の大部分を州が負担

来社した堤副会長、生田会長

 1929年に始まった第一回アマゾン移民から90年を迎え、9月のアマゾン日本人移住90周年祭に向けて準備を進める北伯。パラー州90周年祭典実行委員会(生田勇治祭典実行委員長)も発足し、パラー州政府をグイグイと巻き込みながら詳細を詰めている。9日に上聖した汎アマゾニア日伯協会の生田会長と堤剛太副会長は「日系人がどれほど貢献してきた ...

続きを読む »

援協4月定例会、黒字計上=創立60周年式典の開催日発表

定例会の様子

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「定例役員会」を4月25日、聖市の本部ビルで開催した。援協創立60周年に関し、記念式典が8月12日午後7時から聖市議会議事堂にて開催される予定だと発表され、その記念誌発行の進捗状況が報告された。2018年度事業報告書と決算書の審議と承認も行われた。  他にサンパウロ日伯援護協会の森エリオ ...

続きを読む »

鹿児島大学とアマゾニア農業大学との学術交流締結=在モジ・ダス・クルーゼス 野澤 弘司

東洋高圧社からの設備贈呈書を手にして(前列左より相澤領事、ジャナエ・ゴンサルベス副学長、野口社長、森川社員)

 初めに、国立鹿児島大学は、世界の24カ国に散在する68の大学と研究機関との間に、学術及び人事交流を既に締結して居り、国際交流活動を教育目標の一環としています。そしてこの度、新たにアマゾン河口のベレンに所在するアマゾニア連邦農業大学(UFRA、UNIVERSIDADE FEDERAL RURAL DA AMAZONIA)との新た ...

続きを読む »