ホーム | アマゾニア 関連記事

アマゾニア 関連記事

19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で

 日本政府は21日、2019年(令和元年)春の受勲者を発表した。伯国からは邦人7人、外国人12人の計19人が叙勲を受けた。一昨年は7人、昨年は13人と増えているが、在聖総領事館広報によれば「特に増えた理由はありません。審査した結果そうなったということです」とのこと。受勲者の一人、安永信一氏(71、三世)は、「とても嬉しい。自分一 ...

続きを読む »

パラー州政府が日系人に感謝=アマゾン日本人移民90周年=会場や設備の大部分を州が負担

来社した堤副会長、生田会長

 1929年に始まった第一回アマゾン移民から90年を迎え、9月のアマゾン日本人移住90周年祭に向けて準備を進める北伯。パラー州90周年祭典実行委員会(生田勇治祭典実行委員長)も発足し、パラー州政府をグイグイと巻き込みながら詳細を詰めている。9日に上聖した汎アマゾニア日伯協会の生田会長と堤剛太副会長は「日系人がどれほど貢献してきた ...

続きを読む »

援協4月定例会、黒字計上=創立60周年式典の開催日発表

定例会の様子

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「定例役員会」を4月25日、聖市の本部ビルで開催した。援協創立60周年に関し、記念式典が8月12日午後7時から聖市議会議事堂にて開催される予定だと発表され、その記念誌発行の進捗状況が報告された。2018年度事業報告書と決算書の審議と承認も行われた。  他にサンパウロ日伯援護協会の森エリオ ...

続きを読む »

鹿児島大学とアマゾニア農業大学との学術交流締結=在モジ・ダス・クルーゼス 野澤 弘司

東洋高圧社からの設備贈呈書を手にして(前列左より相澤領事、ジャナエ・ゴンサルベス副学長、野口社長、森川社員)

 初めに、国立鹿児島大学は、世界の24カ国に散在する68の大学と研究機関との間に、学術及び人事交流を既に締結して居り、国際交流活動を教育目標の一環としています。そしてこの度、新たにアマゾン河口のベレンに所在するアマゾニア連邦農業大学(UFRA、UNIVERSIDADE FEDERAL RURAL DA AMAZONIA)との新た ...

続きを読む »

■訃報■須藤忠志さん

 元汎アマゾニア日伯協会副会長の須藤忠志さんが、7日にアマゾニア病院で亡くなった。死因は心不全。享年86歳。  須藤さんは1932年12月4日に福島県川根軍郡で生まれ、1954年に家族5人にロンドニア州のトレーゼ・デ・セッテンブロ植民地に入植した「グァポレ移民」だ。  1957年に妻の実家であるベレンに移転後、辻合名会社を経て三 ...

続きを読む »

べビアーノ反撃、録音暴露=大統領との3回の会話公開=軍官僚らカルロスに不快感=暫定令の下院承認で初大敗

グスターヴォ・ベビアーノ氏(Valter Campanato/Ag. Brasil)

グスターヴォ・ベビアーノ氏(Valter Campanato/Ag. Brasil)  社会自由党(PSL)の幽霊候補疑惑の責任を追及され大統領府総務室長を18日夜に更迭されたグスターヴォ・ベビアーノ氏は翌19日、ボウソナロ氏とワッツアップを通じて行なった12日の3回の会話録音をヴェージャ誌に渡して、同誌がネットで流した。大統領 ...

続きを読む »

アルコンブレ=新上院議長に早くも火種=合計5件の疑惑捜査持ち

ダヴィ・アルコルンブレ上院議長(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

ダヴィ・アルコルンブレ上院議長(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)  上院議長に選ばれたばかりのダヴィ・アルコンブレ上議(民主党・DEM)に、高等選挙裁判所(TSE)で3件、最高裁で2件の捜査案件があることが明らかになったと11日付エスタード紙が報じている。  アマパー州で下議(2006~1 ...

続きを読む »

アマゾン90周年のバラード=歌手ZENKYUさん発表

「この地に舞い降りたのは」を歌うZENKYUさんの映像

 日本のアマチュア歌手「ZENKYU」(本名=小川善久(よしひさ)、53、和歌山県)=千葉県在住=が、アマゾン日本人移住90周年を思いながら書き下ろしたロック・バラードの新曲「この地に舞い降りたのは」を作り、さっそく年明けにライブ録画し、インターネット上に映像を公開した。9月に現地で行われる式典で披露することを希望している。   ...

続きを読む »

パラー州で7団体が新年会=200人がお屠蘇で盛大に祝う

新年会の様子(提供写真)

 【パラー州ベレン発】在ベレン日本国領事々務所(浜田圭司所長)、汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)、アマゾニア日伯援護協会(山本ジルベルト修会長)、パラー商工会議所(山中正二副会頭)、北伯県人会連合会(武田司平会長)、パラー州統領官庁(ルイジエル・グエーデス補佐官)、パラー州警察庁(アルベルト・テイシェイラ長官)共催の「201 ...

続きを読む »

日系社会にとって2019年はどんな年か?

今年60周年の節目を迎える援協の大黒柱、日伯友好病院

 日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく舵を切った。日系社会は否が応でも、両国の動向に大きな影響をうけ ...

続きを読む »