ホーム | チリ 関連記事

チリ 関連記事

マティス米国防相が南米歴訪=ブラジルでは防衛問題など協議

ブラジリアに到着したマティス米国防相(左)と出迎えたブラジル空軍のアリ・ソアレス・メスキタ少将(Embaixada dos EUA em Brasília)

ブラジリアに到着したマティス米国防相(左)と出迎えたブラジル空軍のアリ・ソアレス・メスキタ少将(Embaixada dos EUA em Brasília)  ジェームズ・マティス米国防相が13日、ブラジリアに到着し、午前中はアロイジオ・ヌネス・フェレイラ外相、午後はジョアキン・シウヴァ・エ・ルナ国防相と会談を行ったと同日付ブラ ...

続きを読む »

東西南北

 先月22日、パラナ州で弁護士の妻タチアネ・スピッツネルさんを殺害した容疑で逮捕された、夫で教員のルイス・フェリペ・マンヴァイレル容疑者に対する起訴状を、同州地裁が受理、同容疑者は被告となった。同容疑者はタチアネさんが4階から落ちた後、遺体を自宅まで運んでから逃亡したが、事故を起こして逮捕されていた。事件直前から、駐車場やエレベ ...

続きを読む »

鶴澤さん朗々と「命燃やして」=倫理法人会セミナーでオペラ

倫理法人会の皆さんと記念撮影(手前左が鶴澤さん)

 サンパウロ倫理法人会(須郷清隆会長)は、「世界12カ国ツアー」の最中のソプラノ歌手・鶴澤美枝子さん(67、香川県)を招き、「モーニンセミナー」を4日午前に聖市ホテルで開催し、「一寸先は輝く未来」をテーマとした貴重な人生体験と歌声を会員は堪能した。  鶴澤さんは世界50カ国の国歌を暗唱できるソプラノ歌手。6月17日に出発して、オ ...

続きを読む »

リベルタドーレス杯=7日から決勝トーナメント=16チーム中、13チームが優勝を経験

南米一のクラブを決めるリベルタドーレス杯が、W杯に伴う中断期間後、約1カ月半振りに再開した。7日から始まったのは、グループリーグを勝ち残った16チームによる決勝トーナメントだ。今年は例年以上に強豪揃いとなっている。  16強の顔ぶれの豪華さは、現在残っている16チーム中13チームまでが過去南米一を経験していることからもうかがえる ...

続きを読む »

《ブラジル》金融教育普及の道はまだ遠く=教員の育成がカギ

 ブラジルの初等教育(6~14歳が対象、日本の小中学校)では、昨年12月に金融教育が義務付けられた。近い将来には、中等教育(15~18歳対象、日本の高等学校)のカリキュラムにも入る事となる。  しかし、その実態を見ると、国内の多くの学校ではまだ金融教育の授業は行われておらず、多くの教員は金融教育を行うためのトレーニングさえ受けて ...

続きを読む »

ブラジル五輪委=東京五輪出場枠確保に意欲=各種目で世界選手権続々開催

リオ五輪を象徴するシーンの一つ、ウサイン・ボルトの雄姿(参考画像・Roberto Castro/Brasil 2016)

 2020年7月24日に開幕する東京五輪まであと2年を切り、7月31日付ブラジル現地紙が「今年中に五輪出場権が決まる種目」として、はやくも18年中に出場、不出場の命運が分かれる種目や選抜の様子を伝えている。  同記事で紹介されている種目中、最も早く五輪出場権が決まるのが、8月2日から12日までデンマークで世界選手権が行われるセー ...

続きを読む »

50の国歌を歌うソプラノ歌手=倫理の会朝セミナーに鶴澤さん

ソプラノ歌手の鶴澤美枝子さん

 サンパウロ倫理法人会(須郷清隆会長)は、来伯中のソプラノ歌手・鶴澤美枝子さん(香川、67)を招き、「モーニンセミナー」を4日午前8時半から、聖市のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, Liberdade)で開催する。入場無料。日ポ両語。  鶴澤さんは世界50カ国の国歌を歌うソプラノ歌手。現在12カ ...

続きを読む »

《ラテンアメリカ情勢》メルコスルと太平洋同盟が初の共同会議を開催=「共に保護貿易主義に対抗」と宣言=ブラジルのテメル大統領は、すぐ南アフリカへ

コロンビアのサントス大統領(中央)らと、共同宣言に署名するテメル大統領(右から2番目)(Cesar Carrion/SIC)

コロンビアのサントス大統領(中央)らと、共同宣言に署名するテメル大統領(右から2番目)(Cesar Carrion/SIC)  メキシコのプエルト・ヴァジャルタ市で初めて行われた、南米共同市場(メルコスル。加盟国はアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル。以下、MS)と、太平洋同盟(加盟国はチリ、コロンビア、メキシコ、ペル ...

続きを読む »

ブラジル・フォルクスワーゲン社=従業員千人に集団休暇=アルゼンチン向け輸出とブラジル国内需要の落ち込みで

 アルゼンチン向けの自動車輸出減と、5月下旬のトラックスト後に顕著になった国内需要の落ち込みにより、ブラジル国内の自動車製造会社各社が、年頭からとっていた増産体制の見直しを迫られていると、19日付現地紙が報じた。  フォルクス・ワーゲン(VW)社は、サンパウロ市の隣のサンベルナルド・ド・カンポ市にある工場の労働者に、1カ月の集団 ...

続きを読む »

国際色豊かなジャカレイ移民祭=2週にわたって10カ国参加

来社した皆さん

 ジャカレイ日伯文化体育協会(早川功会長)が7月27~29日と8月3~5日の6日間、移民10カ国による『第11回ジャカレイ移民祭』を同文協(Av. Lucas Nogueira Garcez, 1940, Jd. Esperanca)で行なう。入場料が5レアル、駐車場代が20レアル。  ジャカレイには各国からの移民が住んでおり、 ...

続きを読む »