ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか?

《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか?

「政治的迫害の犠牲者」としてアピール

ルーラが復活する。2017年6月1日、ブラジリアのPT党大会で(Foto: Ricardo Stuckert)

 ルーラは24日に組合関係者と会合を持ったのち、27日にはブラジリアへ行き、MDBやセントロンを初めとする旧友らと逢い、来年の大統領選挙に向けての動きを本格化させる予定とエスタード紙23日付(https://politica.estadao.com.br/noticias/geral,apto-para-2022-lula-reforca-articulacao-com-renan-e-o-velho-mdb,70003691352)は報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ