ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年8月9日付け

 床の間には置くのは刀ではなく三線。日々の生活に音楽があり「芸能の島」といわれる沖縄の血を強く感じたのが5日にあったブラジル琉球舞踊協会の創立20周年を祝う記念芸能祭だった。約800人が集まった沖縄県人会のホールの熱気に追いやられる形で2階席に移った▼なんと45演目、最後はカチャーシーで大団円。この一体感を感じるため客も演者も帰らない。よく出来ていると感心しつつ、踊りの門外漢であるコラム子は、視線が舞台から脇に逸れる。何がこれだけの舞台を支えているのかが気になるからだ▼20年の歴史を織り込んだ立派なプログラムをめくりつつ、その広告の量に驚く。これは琉球芸能一般に共通しており、羨ましいばかりである。会場の入り口の壁一面に張られた寄付金の短冊にも目を見張る。数千レアルのものもチラホラ。実際に関わっている人だけでなく、沖縄コロニア、そして多くの有志が支えていることが一目瞭然だ▼「移住してからは仕事ばかりだったから…」と70歳から琉舞を始めた女性としばし話した。舞台に立つのが楽しくて仕方がない様子なのだが、祝賀会の感想を聞くと「言葉も分からないのに若い世代が多いことが頼もしい」と見せた笑顔が印象的だった▼城間和枝実行委員長は「遥か故郷を唄い三線にのせた舞踊に心を癒しつつ伝統を守ってきた」先人に感謝し、知花千恵子会長は「ブラジル琉舞界の将来は今日出演する子供たちが担う。大きな励ましの拍手を送って欲しい」と会場に呼びかけた。過去と未来を意識したそれぞれのあいさつに、琉球芸能の発展の理由の一端を見た気がした。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]