ホーム | 日系社会ニュース | 二つのルーツ、リオで表現=笑顔の走り、恩返しに

二つのルーツ、リオで表現=笑顔の走り、恩返しに

 【共同】南米初の五輪開催地となったリオデジャネイロで、日本とブラジル両方にルーツを持つ選手が世界に挑む。陸上400メートル障害のブラジル代表杉町マハウ選手(31)は日系四世。「笑顔で走ることが恩返しになる」。陸上の世界に導いてくれた日本への感謝の気持ちを胸に、祖国を駆ける。
 父親の仕事の都合で8歳のころ来日。学生時代に日本国内の陸上大会で活躍し、実業団から誘いがあった。「日本人の五輪選手を出したい」。相手は国籍の変更を求めたが、ルーツを捨てることはできなかった。「ブラジル人であることが、自分にとって自然だから」
 卒業した日本の専門学校のチームに所属し、ブラジル代表として2008年北京五輪に出場。ロンドンは逃したが、祖国での五輪出場を目指し、日本でトレーニングを続けてきた。
 親族からルーツは北海道にあると聞かされた。曽祖父は子どものころ日本を離れてブラジルに渡り、家族は剣道や卓球を教えていた。スポーツにゆかりのある家だった。来日したころ「やんちゃだった」自分を導いてくれたのもスポーツ。仲間と競い合うことで日本に溶け込んでいった。
 今年3月に生まれた次男に俐生と名付けた。「ブラジルでも日本でも通用する読み方を」と夫婦で考え、自然に浮かんだ。五輪を意識したつもりはなかったが「頭のどこかにリオへの思いがあったのかも」。2歳の長男世成の名前は、ブラジル出身のF1世界チャンピオンと同じだ。
 息子2人は、父の応援のために初めて“祖国”の土を踏む。記憶に残るかは分からないが、ルーツを感じる機会になることを願っている。
 会場の競技場は改装前、6連覇したブラジル選手権で走った経験があり「日本の競技場に似ている部分も多くて、相性はいい」。ブラジル代表として走る自分への応援で「ホーム」の雰囲気も期待できる。常々口にする「日本への恩返し」の条件は整った。
 目標は決勝進出。「こわばった顔だと、応援してくれる人に楽しんでもらえない」。笑顔でゴールするつもりだ。(共同=若松陽平)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」2016年8月17日 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」  【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪で日系ブラジル人選手2人が14~15日、相次いで銅メダルを手にした。ブラジルが獲得したメダルは16日までに計10個。日系人選手の活躍は自国開催で意気込むブラジル代表チームに勢いを与えており、日系社会からは「誇りだ」と喜びの声が上がっ […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 〝柔道の始祖〟嘉納治五郎2014年2月5日 リオ五輪で期待のブラジル柔道=強化・普及の源流を探る=(1)=ミュンヘン銅が起爆剤に=「石井千秋を帰化させろ!」 ニッケイ新聞 2014年2月5日 1908年の笠戸丸着伯以来、空手、剣道、相撲などの武道を含め、多くのスポーツが日本から当地に流入してきたが、柔道ほど非日系人に浸透し、テーラロッシャ(赤土)に根を張った競技はほかにない。昨年9月のリオ世界選手権ではついにブラジル人女性柔道家 […]