ホーム | 日系社会ニュース | デカセギでなく訪日就労=新たな派遣業立ち上げへ

デカセギでなく訪日就労=新たな派遣業立ち上げへ

総合支援の人材派遣業を目指す横山さん(左)と小高取締役

総合支援の人材派遣業を目指す横山さん(左)と小高取締役

 建築業や人材派遣業務の株式会社e―system(本社・岐阜県)が、聖市で事務所開設を目指している。日系人を対象に訪日就労を促すためで、生活面での支援にも大きな意欲を見せた。
 開設を目指し調査、視察のため先月11日、取締役の小高茂之さん(64、神奈川)と横山雅美さん(46、石川)が着伯した。従来の単純労働者あっせんではなく、語学や習慣、ビジネスマナーの講座など、日本での生活に馴染むような支援もしたいという。
 「デカセギという言葉は好きではない。家族で転居し、日本で基盤を築けるような支援をしたい」と意義を語った。
 小高さんは16日に帰国。横山さんは法人設立手続きや、当地代表者の選定などを目的に5月まで滞在する。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 商議所=業種別部会長シンポ=「潮目に乗り遅れないで」=回復予測前倒しの業界も2016年8月27日 商議所=業種別部会長シンポ=「潮目に乗り遅れないで」=回復予測前倒しの業界も  「リオ五輪を高いレベルで運営をやり遂げ、ブラジルの底力を世界に発信した。ブラジルは今、潮目、変わり目と捉えている。乗り遅れないようこの機会にしっかり現状認識を」―25日午後、聖市内ホテルで開催されたブラジル日本商工会議所の総務・企画委員会(大久保敦委員長)主催の業種別部会 […]
  • カシオ計算機=本格進出5周年を祝う=不況下でも売上5倍に=今後3年で倍増を視野に2016年9月10日 カシオ計算機=本格進出5周年を祝う=不況下でも売上5倍に=今後3年で倍増を視野に  カシオ計算機株式会社(樫尾和宏社長、本社=東京都)の現地販売子会社「カシオ・ブラジル」(平野雅一社長)は、聖市ピニェイロス区にあるアシェ文化複合施設内会場で、当地での創業5周年を祝し記念式典を盛大に行った。厳しい経済情勢が続き、各社が軒並み減収減益を強いられるなか、本格的 […]
  • 一番売れ筋のクレープ・エスペシャルを手に石川さん2015年2月28日 現代日本風商売が次々に=青年たちが果敢に挑戦  うどん、お好み焼き、弁当などデカセギ世代が日本の色々な今風の食文化導入を試み、新しい商売が栄枯盛衰を繰り返している。中でも今回紹介するのは、珍しく日本式クレープの「Hachi」と、デカセギ経験はないがアニメや特撮戦隊モノが大好きでパンク系和風居酒屋「IZAKAYADA」ま […]
  • (左)料理長グスタボさんと(右)ホール長フランキさん2014年11月18日 シュラスコの国にヤキニクを=日系兄弟従兄弟ら4人挑む  「日本の食文化は寿司だけじゃないことを紹介したい」―。そんな想いを共有する日系三世のタムラ・マルシオさんとアレシャンドレさん兄弟、従兄弟のアダルベルトさんに加え、その幼馴染グスタボ・スガワラさんの4人が、今年1月に聖市東部タツアペに日本式焼肉レストラン「TAKASU29」 […]