ホーム | 文芸 | 刊行 | 広島原爆投下から始まる謎=麻野涼小説『空白の絆』

広島原爆投下から始まる謎=麻野涼小説『空白の絆』

元パウリスタ紙記者である著者の最新作

元パウリスタ紙記者である著者の最新作

 元暴走族総長という異例の「肩書」を持つやり手弁護士、真行寺悟を主人公にした長編書下ろしサスペンス、シリーズ第2弾『空白の絆』(麻野涼、文芸社文庫)が8月に刊行された。個性的な登場人物によるスピード感あふれる展開で、意外な事実が次々に明らかにされ、一気に読ませる小説になっている。
 関東最大の暴走族ブラックエンペラーと最後まで抗争を続けた紅蠍の総長だった真行寺が主人公。当時の仲間の一人、峰岸孝治は、大手家電メーカーY電機の主要部品供給会社「峰岸工業」現社長の次男だ。
 孝治の祖父である創業者・聡太郎は広島市への原爆投下時に抱えた宿命を起業の原点に持ち、誰にもそれを言わずに東京でその会社を育て上げた。
 現社長、孝治の父の死期が迫る中、次期社長の座を巡って、投資ファンドと某役員が暗躍する動きが強まる。彼らは孝治の兄を次期社長に推すと同時に、対立社長候補である叔父の血筋を「愛人の子ども」とする怪文書や、「不正給与」問題などの怪情報を流す。
 そんな相続争いがマスコミによってスキャンダラスに報道される中で、峰岸工業は経営危機に陥る。社主家族の直系にも関わらず「真昼のLED」と綽名されるほど会社で存在感のない孝治だったが、否応なく創業時の「謎の空白期」を調べざるを得なくなる。
 その空白期とは、祖父・聡太郎が長男の出生証明書を終戦の日、玉音放送の直後に広島市役所に出していた事実から始まる。しかも長男の誕生日は原爆が投下された8月6日。そんなことは可能なのか――。
 「暴走弁護士」真行寺や、現在は愛乃斗羅武琉(あいのとらぶる)興信所の代表で、元レディース紅蠍の総長・野村悦子ら実に個性的な登場人物が、独自のネットワークを使って原爆投下直後の広島に隠された過去を次々に洗い出していく。
 元パウリスタ新聞記者だった著者だけに、ブラジル・レストランNossAというレストランが出てきたり、移民の物語りがさりげなく差し込まれ、ブラジル在住者には余計に興味深い小説になっている。

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • □機密ファイル□深沢正雪『「勝ち組」異聞:ブラジル日系移民の戦後70年』を読み解く2017年5月20日 □機密ファイル□深沢正雪『「勝ち組」異聞:ブラジル日系移民の戦後70年』を読み解く  【本の要旨】  「日本人」という民族を観察するのに、移民をその「試験台」に活用できるのではと常々思っている。  私の前任者・吉田尚則元編集長からは「移民は壮大な民族的実験だ」と聞かされてきたことも影響している。  「日本社会の一部をすくい出して、ヨーロッパ文明を […]
  • ポ語漫画を掲載開始=『日系文学』56号刊行2017年9月21日 ポ語漫画を掲載開始=『日系文学』56号刊行  『ブラジル日系文学』第56号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が7月に発行された。  今号から新たに取り入れられたのがポ語漫画。豊島与志雄の『天狗笑い』をポ語訳したものが掲載され、大変好評という。自然豊かな村を舞台に子供たちが人間の格好をした天狗と無邪気に遊ぶ […]
  • 〃8人の侍〃荒木さんが本=ダム人生をコラムで綴る2017年8月16日 〃8人の侍〃荒木さんが本=ダム人生をコラムで綴る  イタイプーダム建設を救った〃8人の侍〃の一人、荒木昭次郎さん=ミナス州ベロオリゾンテ在住=が、コラム集『ブラジルのダムと五十年』(日毎叢書企画出版)を7月に刊行した。  2011年から『楽書倶楽部』に投稿してきた30本をまとめたもの。この8月で渡伯55周年になる荒木 […]
  • マナウス句会、句集発行=老若男女が精力的に活動2017年7月28日 マナウス句会、句集発行=老若男女が精力的に活動  西部アマゾン日伯協会(錦戸健会長)マナウス句会が「句集マナウス」の第32号を発行した。  本句集は年に1度発行されており、毎月の句会の入選句を掲載。アマゾンの情景を詠んだ「ジャングルの 隙間にブルー 秋高し」(河原タカ)や、中学生がアマゾンの祭りを詠んだ「ボイブンバ […]