ホーム | 文芸 | 刊行 | 広島原爆投下から始まる謎=麻野涼小説『空白の絆』

広島原爆投下から始まる謎=麻野涼小説『空白の絆』

元パウリスタ紙記者である著者の最新作

元パウリスタ紙記者である著者の最新作

 元暴走族総長という異例の「肩書」を持つやり手弁護士、真行寺悟を主人公にした長編書下ろしサスペンス、シリーズ第2弾『空白の絆』(麻野涼、文芸社文庫)が8月に刊行された。個性的な登場人物によるスピード感あふれる展開で、意外な事実が次々に明らかにされ、一気に読ませる小説になっている。
 関東最大の暴走族ブラックエンペラーと最後まで抗争を続けた紅蠍の総長だった真行寺が主人公。当時の仲間の一人、峰岸孝治は、大手家電メーカーY電機の主要部品供給会社「峰岸工業」現社長の次男だ。
 孝治の祖父である創業者・聡太郎は広島市への原爆投下時に抱えた宿命を起業の原点に持ち、誰にもそれを言わずに東京でその会社を育て上げた。
 現社長、孝治の父の死期が迫る中、次期社長の座を巡って、投資ファンドと某役員が暗躍する動きが強まる。彼らは孝治の兄を次期社長に推すと同時に、対立社長候補である叔父の血筋を「愛人の子ども」とする怪文書や、「不正給与」問題などの怪情報を流す。
 そんな相続争いがマスコミによってスキャンダラスに報道される中で、峰岸工業は経営危機に陥る。社主家族の直系にも関わらず「真昼のLED」と綽名されるほど会社で存在感のない孝治だったが、否応なく創業時の「謎の空白期」を調べざるを得なくなる。
 その空白期とは、祖父・聡太郎が長男の出生証明書を終戦の日、玉音放送の直後に広島市役所に出していた事実から始まる。しかも長男の誕生日は原爆が投下された8月6日。そんなことは可能なのか――。
 「暴走弁護士」真行寺や、現在は愛乃斗羅武琉(あいのとらぶる)興信所の代表で、元レディース紅蠍の総長・野村悦子ら実に個性的な登場人物が、独自のネットワークを使って原爆投下直後の広島に隠された過去を次々に洗い出していく。
 元パウリスタ新聞記者だった著者だけに、ブラジル・レストランNossAというレストランが出てきたり、移民の物語りがさりげなく差し込まれ、ブラジル在住者には余計に興味深い小説になっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 『西風』節目の第10号=田中慎二追悼特集など多数収録2019年10月30日 『西風』節目の第10号=田中慎二追悼特集など多数収録  西風会(せいふうかい)は10月に『西風』第10号を刊行した。節目を記念した特別号。  巻頭では、昨年9月に死去した田中慎二さんの一周忌をしのび、同氏の画文集『アンデスの風』から絵画とエッセイの一部を掲載。『西風』の装丁自体も田中氏が手掛けたもの。  現在、聖市のブ […]
  • 白旗諒子さん『お日さま』刊行=農業に励む花嫁移民の生きざま2019年10月11日 白旗諒子さん『お日さま』刊行=農業に励む花嫁移民の生きざま  イビウナ市在住の白旗諒子さん(76、長野県出身)が、今までに新聞などに寄稿した文章を抜粋して『お日さま』として日毎叢書企画出版からこの度刊行した。  白旗さんは、1943年7月に長野県に生れ、屋代南高校卒業後に埼玉県入間郡の精神薄弱児施設で保母見習いとして働いた。コ […]
  • 和歌山=県人移民100周年記念誌完成=400頁で30家族の歴史綴る2019年9月28日 和歌山=県人移民100周年記念誌完成=400頁で30家族の歴史綴る  ブラジル和歌山県人会(谷口ジョゼ会長)は22日の創立65周年式典内で、2017年から取り組んでいた『県人移民100周年記念誌』の発刊式を行った。  記念誌は全400頁フルカラーの大作。県人会の歴史、県人30家族の歴史、松原植民地の歴史などをまとめた。製作には宮坂国人 […]
  • 『ブラジル日系文学』第62号を刊行2019年8月30日 『ブラジル日系文学』第62号を刊行  『ブラジル日系文学』第62号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が7月に刊行された。  今号では、武本文学賞が今年で終わったことを受けて、国際日本文化研究センター教授の細川周平さんが『武本由夫賞の終わりを聞いて』を特別寄稿している。ブラジルの日本語文学史の専門家 […]