ホーム | 文芸 | 刊行 | 日本食グルメ情報誌=『♯HASHITAG』=レストランやシェフ情報

日本食グルメ情報誌=『♯HASHITAG』=レストランやシェフ情報

ニッケイ新聞 2012年9月7日付け

 日本食グルメ情報誌『♯HASHITAG』(JBC出版)では、日本食レシピや有名シェフ、注目のレストラン情報などをポ語で紹介している。
 今年で創刊1年目。春夏秋冬の年4回刊行される。食を中心に、ファッション、音楽、映画、アートなど伝統・現代の日本文化情報もちりばめている。
 現在配布中の冬号では、料理人小池信さん、鍋料理、ブルーツリーホテルの新メニュー、日本航空会社の機内サービス、キッコーマン主催の食文化視察旅行などを紹介。
 配布箇所はサイト(madeinjapan.uol.com.br/hashitag)まで。電子書籍としても閲覧できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 食の情報誌『♯HASHITAG』2014年5月24日 食の情報誌『♯HASHITAG』  日本食グルメ情報誌『♯HASHITAG』(JBC出版、ポ語)秋号が刊行された。 今回の内容は「レストラン『六本木』の融合料理」「ベジタリアン日本食店」「新しい日本食のアイデア」「魚とご飯で朝ごはん」など。日本食レシピや、レストラン情報なども。 日本食店や書店等で配布中。配 […]
  • 情報誌『♯HASHITAG』2014年3月4日 情報誌『♯HASHITAG』 ニッケイ新聞 2014年3月4日  日本食グルメ情報誌『♯HASHITAG』(JBC出版、ポ語)夏号が刊行された。  今回の内容は「暑い日に食べる麺」「日本ウィスキーの歴史」「魚の選び方」「日本食の再創造」「日本のパン」など。その他日本食レシピや、注目のレストラン情報などを紹 […]
  • 新だるま=懐かしい祖母の味、妥協しない日本食=著名な料理人や非日系人も来店2019年3月8日 新だるま=懐かしい祖母の味、妥協しない日本食=著名な料理人や非日系人も来店  聖市メトロのアナ・ホーザ駅から歩いて5分以内の好立地にある「新だるま」。70年代にパウリスタ界隈のサンカルロス・ド・ピニャル街に創立し、約35年前に現在地に移った老舗レストランだ。以来、「おばあちゃんの味が食べられる」と日本人や日系人から愛されてきた。最近は、非日系人が上手に […]
  • 《ブラジル》本格的会席料理『良』=サンパウロ市イタイン・ビビ区に=日本で修行、山下良一さん2017年8月12日 《ブラジル》本格的会席料理『良』=サンパウロ市イタイン・ビビ区に=日本で修行、山下良一さん  「味に命を吹き込むのが『旨み』。日本食の奥深さを存分に知ってもらいたい」―。そんな店主の願いを受け、サンパウロ市イタイン・ビビ区のレストラン街に初となる本格的な会席料理『良』が、昨年12月に暖簾をかかげた。  1925年に大阪で会席料理店を創業した曽祖父の血を継ぎ、 […]
  • 第20回県連日本祭り=食べつくせ! 日本料理の祭典=ここだけの郷土食がズラリ=あれもこれも美味しそう!2017年6月29日 第20回県連日本祭り=食べつくせ! 日本料理の祭典=ここだけの郷土食がズラリ=あれもこれも美味しそう!  ブラジル日本都道府県人会連合会による『第20回県連日本祭り』(市川利雄実行委員長)が7月7、8、9日に開催される。毎年好評を博しているのは、ほとんどの都道府県が出店して自慢の料理を振舞う『郷土食広場』だ。レストランでは食べられない郷土料理も多数出品され、さながら「日本 […]