ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ州の第2地域裁(TRF)がピシアーニ氏らの釈放却下=同州議会の州議救済認めず=アエシオ氏の件と事情異なり=適用範囲問われる最高裁判断

リオ州の第2地域裁(TRF)がピシアーニ氏らの釈放却下=同州議会の州議救済認めず=アエシオ氏の件と事情異なり=適用範囲問われる最高裁判断

21日、再び逮捕されたピシアーニ氏(Tomaz Silva/Agência Brasil)

21日、再び逮捕されたピシアーニ氏(Tomaz Silva/Agência Brasil)

 【既報関連】21日、リオ州の第2連邦地域裁(TRF2)は、17日にリオ州議会が出した、ジョルジ・ピシアーニ州議長をはじめとした民主運動党(PMDB)州議3人の逮捕取消処分を却下、3人は再逮捕となった。最高裁が10月に出した議員逮捕に関する審理がいま一度問題になりそうだと、22日付現地紙が報じている。

 リオ州議会のピシアーニ議長とエジソン・アウベルタッシ副議長、パウロ・メロ元議長の3州議は、同州のバス企業に便宜を図った見返りに賄賂を受け取った疑いで、連邦警察のカデイラ・ヴェーリャ作戦の対象となった。16日に第2地域裁が逮捕を承認したため、3人とも16日に出頭、逮捕となった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ