2018年6月20日の記事一覧

《ブラジル》狂犬病=パラー州で12人が死亡?=サンパウロ州では動物感染拡大

 ブラジル北部のパラー州で、狂犬病による死者が続いている。  今年になってから少なくとも12人が狂犬病で死亡したとされているのは、同州マラジョー群島のメウガッソ市だ。  同市はブラジル国内でも最も人間開発指数が低く、下水道設備も整っていない。また、大半の家の窓は、コウモリなどが侵入するのを避けるためのガラスや網が入っていないとい ...

続きを読む »

《ブラジル》10月統一選は知事選、上下両院選にも注目=女性の知事候補は全体の15%のみ=再選狙いの上議は6割以上も=問われる有権者の眼力

ロメロ・ジュカー上議(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

ロメロ・ジュカー上議(Antonio Cruz/Agencia Brasil)  10月7日に行われる統一選。この日は大統領だけでなく、州知事、上下両院の連邦議員、州議会議員の選挙も行われる。州知事に女性候補が少ない事、再選狙いの上議の多さなど、大統領選以外でも注目される動きについて、16~18日付現地各紙が報じた。  テメル大 ...

続きを読む »

《ブラジル》工業界が投資を削る?=GDP縮小や政局を反映=トラックストも大きく影響

幹線道路脇に停められたトラックと路上に広がった運転手達(Roberto Parizotti)

幹線道路脇に停められたトラックと路上に広がった運転手達(Roberto Parizotti)  選挙年故の先行き不透明感やトラック運転手のストによる生産停止、ドル高などにより、国内総生産(GDP)の成長予想が下方修正される中、工業界の投資計画が縮小していると19日付現地紙が報じた。  この傾向を示す例の一つは、サンパウロ州工業連 ...

続きを読む »

世界難民の日=ブラジルへの難民申請受理待ちは8万人超=メルコスールでも議題に

 【既報関連】6月20日は「世界難民の日」。国際連合内で難民問題を扱う機関、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が19日に発表したところによると、2016年から17年にかけてブラジルに難民申請、もしくは何らかの保護を申請した人の数は2倍以上に増えたことが分かった。19日付現地紙が報じている。  2017年末現在でブラジルに難民 ...

続きを読む »

ブラジル株=7万ポイント前後でもみ合い=9万ポイント越えを窺う勢いは消失

 18日のサンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は、4営業日連続の前日割れとなるマイナス1・33%を記録。終値は6万9814・73ポイントで、昨年8月以来、初めて7万ポイントを割り込んだと、19日付現地各紙が報じた。  5月下旬のトラックスト発生以降の株価急落は、投資家らがブラジル経済に悲観的な見通しを持っている事、残り4 ...

続きを読む »

サンパウロ州保健局=黄熱病予防接種の範囲拡大=州内の死者は214人に

 サンパウロ州保健局が18日、黄熱病の予防接種の適用範囲を拡大し、ABC地区とその近郊、パライバ渓谷、サンチスタ海岸地域の190市も対象としたと18日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  今回の措置により、サンパウロ州では全ての市が予防接種の対象となった。これらの市では原則、8年間のみ有効のワクチンが使用される。  5月の場合、 ...

続きを読む »

東西南北

 レイ・セッカ(飲酒運転防止法)が制定されてちょうど10年。有名な、「飲んだら乗るな」の標語は酒類の販売店で頻繁に見られ、リオ州、サンパウロ州、リオ・グランデ・ド・スル州ではメニューに印刷する事が義務付けられている。調査機関の調べでは、2008年から2016年までに同法によって、4万1千人の人命が守られたという。同法を議会に提案 ...

続きを読む »

移民の日=異例! 文協仏式法要に約1千人=大講堂埋め先駆者に焼香イビラプエラ公園も150人参列

後ろの席まで一杯に埋まった大講堂

 最初の移民船「笠戸丸」がサントスに着港してから110年――6月18日の「移民の日」の前日の17日、「開拓先亡者追悼法要」がイビラプエラ公園及び文協大講堂で行われた。ともに例年を遥かに上回る参列者が出席。特に文協大講堂の法要は節目に相応しく〃異例〃の1千人近くが参列、次世代へと繋がる式典となった。  09年以降、参列者が300人 ...

続きを読む »

サッカーW杯=日本代表を熱烈に応援!=岩手県人会で大盛り上がり

2得点目に喜ぶファンら

 「絶対日本が勝つと思っていたわ!」――。サッカーW杯の日本対コロンビア戦観戦会が19日朝、サンパウロ市のブラジル岩手県人会(千田曠曉会長)で行われた。会場には日本とブラジルの国旗が掲げられ、県人会関係者やサッカーファンなど約30人が集まって日本語、ポ語、英語で応援。勝利が決まったときにはハグで喜びあった。  テレビとスピーカー ...

続きを読む »

コロニア芸能祭今年も開催=127種目、611人が出演

来社した楠本実行委員長と井上副委員長

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)の『第53回コロニア芸能祭』が23、24日午前10時から、聖市の文協大講堂(Rua Sao Joaquim, 381)で開催される。  琴や尺八による邦楽、民謡、吟剣詩舞、ヨサコイなど127種目が披露され、計611人が出演する。2日目は芸能祭前の午前9時から99歳の高齢者を対象に「白寿表 ...

続きを読む »