ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》狂犬病=パラー州で12人が死亡?=サンパウロ州では動物感染拡大

《ブラジル》狂犬病=パラー州で12人が死亡?=サンパウロ州では動物感染拡大

 ブラジル北部のパラー州で、狂犬病による死者が続いている。
 今年になってから少なくとも12人が狂犬病で死亡したとされているのは、同州マラジョー群島のメウガッソ市だ。
 同市はブラジル国内でも最も人間開発指数が低く、下水道設備も整っていない。また、大半の家の窓は、コウモリなどが侵入するのを避けるためのガラスや網が入っていないという。
 この町では今年、少なくとも12人が狂犬病で死んだという。検査機関で確認された感染者は7人だが、感染が疑われると届け出があったのは14人。感染の有無の鑑定はエヴァンドロ・シャーガス研究所とパスツール研究所が行っている。
 同市には7月まで、同州保健局が派遣した専門家が滞在する事になっている。専門家は狂犬病に感染したコウモリの捕獲や、住民に狂犬病についての基礎知識を教えたりしている。同病発症例は約30日間報告されておらず、状況はコントロールされつつあるとみなされている。
 保健省によると、2017年のブラジルでは、アマゾナス州で3人、ペルナンブコ州とトカンチンス州、バイア州で各1人の狂犬病発症例が報告された。これらの症例は皆、コウモリが媒介したものだという。
 同省では人への狂犬病感染はほぼ撲滅と見ているが、動物の感染例は相当数報告されており、注意が必要だ。
 サンパウロ州の場合、今年に入ってから確認された動物への感染報告例は、6月18日現在で101件に上る。感染した動物は牛、豚、馬といった家畜が中心だが、ペットが感染した例も2件報告されている。
 今年の感染報告数は昨年同期より53%増えている。感染数の増加傾向は昨年も見られ、2016年の105件が、196件に増えていた。
 狂犬病は感染した動物の唾液などを通して人間に感染する可能性があり、致死率が高い。同州内陸部では15日にも、イタペチニンガ地域のアンガトゥーバ市で死んだ馬からウイルスが検出された。馬を飼っていた場所では吸血コウモリも見つかっている。カンピーナス地域のモンテ・モル市では、今年に入って8頭の動物が狂犬病で死亡した。ジュンジアイー市でも5頭死んでいる。
 狂犬病発症が報告された地域には、専門家が派遣され、吸血コウモリの捕獲などを行っている。今年のサンパウロ州では、1600回の専門家派遣が行われ、2900匹のコウモリが捕獲された。
 ペットへの感染は、州北西部サンタフェ・ド・スルで5月に死亡した犬の例が報告されている。また、ピラシカバ市では猫が感染し、死亡したという。また、アメリカーナ市では、狂犬病に感染したコウモリの死体が見つかった。いずれの市でも、症例が報告された地区を中心に、6月から始まるはずだったペットへの予防接種が前倒しして実施された。(19日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」2020年10月7日 《ブラジル》記録的猛暑に異例の警告=春先なのに「熱中症注意!」  国立気象観測所(Inmet)は6日、ブラジルでは猛暑のため、「熱中症で亡くなる人が出る可能性がある」と警鐘を鳴らした。6日付現地サイトが報じている。  9月30日、10月1日の2日連続で観測史上2位の37・1度を記録したサンパウロ市を始め、春先なのに全国的に記録的な暑さが続 […]
  • 《ブラジル》農産物の生産額で新記録=19年は3610億レアル2020年10月2日 《ブラジル》農産物の生産額で新記録=19年は3610億レアル  地理統計院(IBGE)が1日、昨年の穀物やマメ科食物、油糧種子の生産量は前年比で6・8%増の2億4330万トン、生産額は5・1%増の3610億レアルで新記録を更新したと発表したと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  注目されるのは、昨年の収量が前年比で22・8%増の1億 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?2020年9月19日 《ブラジル》棉の価格が20%も高騰=衣類の値上がりや品不足は?  棉の国際価格が値上がりしている事やドル高の影響で、ブラジル国内の棉の価格が8月末時点で20%も高騰している。  ブラジルでは米やフェイジョン(豆)などの食料品が値上がりし、庶民の懐を直撃しているが、衣類の製造に不可欠な棉の値上がりは、被服費の高騰を招く可能性がある。 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]