ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 レイ・セッカ(飲酒運転防止法)が制定されてちょうど10年。有名な、「飲んだら乗るな」の標語は酒類の販売店で頻繁に見られ、リオ州、サンパウロ州、リオ・グランデ・ド・スル州ではメニューに印刷する事が義務付けられている。調査機関の調べでは、2008年から2016年までに同法によって、4万1千人の人命が守られたという。同法を議会に提案した議員は、法案制定10周年式典において、「取締りを強化する必要がある」と語ったとか。今後も飲酒運転撲滅に向けて警察の頑張りを望みたい。
     ◎
 盛り上がりを見せるロシアW杯。出場32カ国がドンドン試合を行っていく中、19日の第1試合最終日に登場した日本はコロンビアに2対1で勝利。開始早々積極的に攻めると、ペナルティエリア内でハンドの反則を誘い、相手は退場。PKの好機を香川が確実に決めて先制した。その後フリーキックで追いつかれるも、後半は大迫がコーナーキックに頭で合わせて勝ち越した。この勝利は、「アジア勢がW杯で初めて南米勢から奪った白星」とのこと。日本は勢いに乗れるか?
     ◎
 17日のスイス戦でよもやのドロー発進となったセレソン。「スイスの同点ゴールの前に反則があったのでは?」の不満は残るが、「コーナーキックの守備が甘かった」との声もメディアからは出ている。チッチ体制発足以来、セレソンは22試合を戦い、6失点しか許していないが、その6失点の内の5失点は、ヘディングシュートによるものだ。「空中戦の整備が急務」の中、負けられないコスタリカ戦は、ブラジリア時間の22日朝9時からだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月8日 東西南北  サンパウロ市中央部リベルダーデ区グロリア街にある市警のセー第1署が、歴史的な建造物に指定されているが故の事務手続きの煩雑さにより、思うように改築できないという問題に直面している。第1署は建物の傷みがひどく、建物を利用している警官や市民にも危険が及ぶ可能性が出ているため、市警が […]
  • 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード2019年12月27日 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード  21日のクラブW杯決勝でフラメンゴがリバプールに敗れ準優勝に終わったことで、1月に始まり12月に至った2019年ブラジルサッカーシーズンが終了した。  フラメンゴが席巻したと言っても過言ではない今期を振り返って、ブラジル紙が「2019年ブラジルサッカー界が得た10の […]
  • 東西南北2019年6月25日 東西南北  サッカーの女子W杯でブラジル代表は敗退してしまったが、男子代表は22日、コパ・アメリカで無難に決勝トーナメント進出を決めた。この日のペルー戦では、前試合のベネズエラ戦でゴールを3本無効にされた挙句に引き分け、散々批判されたうっぷんを晴らすかのように、前半から攻めに攻め、終わっ […]
  • 《ブラジルサッカー》男女の代表、共に大量得点無失点の快勝=女子はW杯、男子は南米制覇に挑む2019年6月11日 《ブラジルサッカー》男女の代表、共に大量得点無失点の快勝=女子はW杯、男子は南米制覇に挑む  サッカー女子W杯セレソンの開幕戦と、男子セレソンの親善試合が9日に行われ、女子は3対0でジャマイカに、男子は7対0でホンジュラスにそれぞれ勝利したと、9、10日付ブラジル国内各紙・サイトが報じている。  グローボ局が2試合とも生中継した9日、先陣を切ったのは女子セレ […]
  • リベルタドーレス杯=決勝トーナメントの組み合わせ決まる=ブラジルのチームの動向は?2019年5月16日 リベルタドーレス杯=決勝トーナメントの組み合わせ決まる=ブラジルのチームの動向は?  13日夜、サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯決勝トーナメントの抽選会が行われ、グループリーグを勝ち抜いた16チームの対戦相手が決まった。  トーナメントの山を2つに分け、それぞれ組みあわせを紹介していく。  クルゼイロ(ブラジル)対リーヴェルプレイト(アルゼンチン […]