ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(19)

どこから来たの=大門千夏=(19)

「アア、中々よく似合うわ」自分の作った「世界に一つの首飾り」に満足する。
 夜になった。シャワーを浴びようとして、首飾りが外れない、先生に留めてもらったので外し方が判らない。安物だから簡単なはずなのに、どうしても外れない。近年指先の神経がバカになって、指紋が薄くなって、細かい仕事がまるっきりできなくなった。昔なら簡単に外せたのに…留め金を鼻の下に持ってきて、その上に虫眼鏡を置いて覗き込もうとするが、首飾りが短すぎて何にも見えない。付けたままでシャワーに入ると、濡れたこのビーズから色が出るに違いない。体中赤い色にまみれている姿を想像すると、シャワーは取りやめだ。
 翌日、首飾りを鏡の前で、あっちに引っ張りこっちに引っ張って、金具を動かしてみるが一向に外れない。安物なのに、えらく頑丈な金具だこと、これがタダだったなんて思えない。
 今日のシャワーはどうしよう。このビーズから真っ赤な汁が出たら、体中真っ赤じゃあないの。濡れたネックレスから一晩中赤い色が染みだしてくる…とても今夜も浴びられない。
 翌日は三日目。たかがこの赤いネックレスの事で三日もシャワーを浴びられないなんて! 仕方がない、娘に電話した。
「今度の日曜日でないと行けないわ。ダーイジョウブ、ダイジョウブ、一週間シャワーを浴びなくても死なないわよオ」…ムカッ。
 孫に電話した。
「今、忙しいのよ。それハサミで切ったら?」…バカッ。世界に一つだぞ。
 ついに友人に電話した。
彼女は何事かと鼻の頭の汗を拭き拭きすぐにやって来てくれた。
 ネックレスを見て「フン」と言って、首の後ろに回って二秒でとってくれた。
 持つべきは友…と言いたいが彼女は「あんたが変な声出すから死にかかったのかと思って来たのに、なんじゃ、たかがこんなことで」と言った。
 でもやっぱり持つべきは友。
 これで三日目にやっとシャワーをあびることが出来た。わが子より孫よりやっぱり友達!
             (二〇一五年)

貴女のしたことは大恥です

 子供の時から私は「痩せの大食い」。いやしくよく食べる。 その上、雰囲気が良いと最初から最後までずっと食べている。
 食べ物の話を聞くだけでまずは見たい。見るとすぐに食べたい。この貪欲な欲望には我ながら常々うんざりしている。
 レストランにお金を払うのは(美味しければの話だが)ちっとも惜しくない。しかし洋服にお金を使うのはもったいなくて我慢ならない。友人が洋服を買うのを見るだけでも腹が立つ。これを着たって何にも変わりないのに…ましてお金を使うなんて、と一人で憤慨する。
 母に言わせると「そういいながらも貴女は、あれ食べない、これ食べないと嫌いなものの方が多いじゃあないの」というが、それはそれで、好き嫌いがあるのが人間として当然と思っている。なんでも食べたのでは豚と同じ。
 子供の時は毎朝「おめさ」という物があった。
目が覚めるとすぐに食べられるように、枕元に菓子パンや、ビスケットなどが皿においてあるのだ。
 朝まだき、ぼんやりと目が半分開く。母が台所で野菜を切っているリズミカルな音が聞こえてくる。

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(20)2018年4月14日 どこから来たの=大門千夏=(20)  青い氷が輝いているという南極をぜひ見たいと二〇年も昔から願ってきた。なんで?と聞かれても大した答えはない。ただ美しいから見たいのだ。 それと、あの世に行って夫に会ったら「地上から眺める南極は、天空から眺めるよりずっとずっと美しいのよ」と大いに威張って話したいという単純な動機 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(76)2018年4月12日 どこから来たの=大門千夏=(76)  しかし、信じてはいけない。  私達が寄った食堂のお姉さんは――イヤイヤお嬢さんは一五?一六歳にしか見えなかった。テキパキと働き、店の台所を一人で切り盛りしていた(台所はお客から見えるところにある)。見ているだけでも百点をあげたいくらい良く働く。その上かわいく、あどけなく、色 […]
  • どこから来たの=大門千夏=(77)2018年4月13日 どこから来たの=大門千夏=(77)  文句を言うと、もう他に部屋はないという。さすがに腹が立って大声で文句を言った。するとどうだろう机の下からすっと鍵が出てきた。「この部屋は湯がでるよ」だって。知っていても苦情が出るまで知らぬ顔をしている。だから何事も常に文句を言い、大声でドナル、ガナル、ワメクと物事がスムースに […]
  • どこから来たの=大門千夏=(73)2018年4月7日 どこから来たの=大門千夏=(73)  こんなところに一人で住んでいた? しかしここまで黒くなるには少々の年月ではないはずだ。雨漏りだろうか、それとも水道管か。今までよくも漏電しなかったこと。  階段の白い大理石の手すりは壊れたままで、その大きな破片は黄褐色になって階段の下に転がっている。すぐ近くに住む娘は左官を […]
  • どこから来たの=大門千夏=(74)2018年4月10日 どこから来たの=大門千夏=(74) 「貴女の応接間に飾ってあげてほしいんだけど」と言うと、女はキョトンとした顔をして、首を少しかしげてエッ?と言ったようだった。 「これはお母さんの心、お母さんの魂よ。売ったりしないで。……お母さんを思い出してあげて」と心をこめて言うと、女は眼を大きく見開いてじっと私を見つめて、 […]