ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(19)

どこから来たの=大門千夏=(19)

「アア、中々よく似合うわ」自分の作った「世界に一つの首飾り」に満足する。
 夜になった。シャワーを浴びようとして、首飾りが外れない、先生に留めてもらったので外し方が判らない。安物だから簡単なはずなのに、どうしても外れない。近年指先の神経がバカになって、指紋が薄くなって、細かい仕事がまるっきりできなくなった。昔なら簡単に外せたのに…留め金を鼻の下に持ってきて、その上に虫眼鏡を置いて覗き込もうとするが、首飾りが短すぎて何にも見えない。付けたままでシャワーに入ると、濡れたこのビーズから色が出るに違いない。体中赤い色にまみれている姿を想像すると、シャワーは取りやめだ。
 翌日、首飾りを鏡の前で、あっちに引っ張りこっちに引っ張って、金具を動かしてみるが一向に外れない。安物なのに、えらく頑丈な金具だこと、これがタダだったなんて思えない。
 今日のシャワーはどうしよう。このビーズから真っ赤な汁が出たら、体中真っ赤じゃあないの。濡れたネックレスから一晩中赤い色が染みだしてくる…とても今夜も浴びられない。
 翌日は三日目。たかがこの赤いネックレスの事で三日もシャワーを浴びられないなんて! 仕方がない、娘に電話した。
「今度の日曜日でないと行けないわ。ダーイジョウブ、ダイジョウブ、一週間シャワーを浴びなくても死なないわよオ」…ムカッ。
 孫に電話した。
「今、忙しいのよ。それハサミで切ったら?」…バカッ。世界に一つだぞ。
 ついに友人に電話した。
彼女は何事かと鼻の頭の汗を拭き拭きすぐにやって来てくれた。
 ネックレスを見て「フン」と言って、首の後ろに回って二秒でとってくれた。
 持つべきは友…と言いたいが彼女は「あんたが変な声出すから死にかかったのかと思って来たのに、なんじゃ、たかがこんなことで」と言った。
 でもやっぱり持つべきは友。
 これで三日目にやっとシャワーをあびることが出来た。わが子より孫よりやっぱり友達!
             (二〇一五年)

貴女のしたことは大恥です

 子供の時から私は「痩せの大食い」。いやしくよく食べる。 その上、雰囲気が良いと最初から最後までずっと食べている。
 食べ物の話を聞くだけでまずは見たい。見るとすぐに食べたい。この貪欲な欲望には我ながら常々うんざりしている。
 レストランにお金を払うのは(美味しければの話だが)ちっとも惜しくない。しかし洋服にお金を使うのはもったいなくて我慢ならない。友人が洋服を買うのを見るだけでも腹が立つ。これを着たって何にも変わりないのに…ましてお金を使うなんて、と一人で憤慨する。
 母に言わせると「そういいながらも貴女は、あれ食べない、これ食べないと嫌いなものの方が多いじゃあないの」というが、それはそれで、好き嫌いがあるのが人間として当然と思っている。なんでも食べたのでは豚と同じ。
 子供の時は毎朝「おめさ」という物があった。
目が覚めるとすぐに食べられるように、枕元に菓子パンや、ビスケットなどが皿においてあるのだ。
 朝まだき、ぼんやりと目が半分開く。母が台所で野菜を切っているリズミカルな音が聞こえてくる。

こちらの記事もどうぞ

  • どこから来たの=大門千夏=(25)2018年1月20日 どこから来たの=大門千夏=(25)  それからというもの、度々広島県人会に顔を出しておしゃべりした。いかにも善良そうな笑顔の良いおじさんでコロニアの昔話が得意で、なんでもご存じだった。  あるとき、五コント札を小さくしたいけど、どうしたらよいか聞いた。 「すぐ近くのあの角のバールに行ったら、カイシャ(出納係) […]
  • どこから来たの=大門千夏=(23)2018年1月18日 どこから来たの=大門千夏=(23) 「あんた達はみんなうちのお客さんよ。ちゃんと払ったんだもの、すごい事だね」と言うと、頬を緩め穏やかな目をして「チアありがとう」とお礼まで言ってくれた。  どこにでもいるごく普通の男の子達なのだ。思わず昔、祖母が「良い子だねえ」と言ってしてくれたように頭を撫でてあげたい衝動にか […]
  • どこから来たの=大門千夏=(24)2018年1月19日 どこから来たの=大門千夏=(24)  胸がドキドキ。  遠巻きにそっと鍋から離れると、あとは、後ろも見ないで洗面所に駆け込んだ。気持ち悪く吐き気までする。あのしわしわの手がおっかけてくるようで、しっかりと鍵をかけて鍋を触った手をごしごし洗った。  ブラジルの人はこんな恐ろしいものを平気で食べるのかしら。   […]
  • どこから来たの=大門千夏=(20)2018年1月13日 どこから来たの=大門千夏=(20)  それを見た友人は「ブラジルでは食べ物を持って帰ることは恥です。貴女のしたことは恥ずかしい事ですよ」ときっぱりと言いはなち、その上「ブラジルでは食べ物を持って帰るなんて習慣はありません。あなたのしたことは大恥です」と再度言われて恐れ入ってしまった。  食べ物を持って帰ることが […]
  • どこから来たの=大門千夏=(22)2018年1月17日 どこから来たの=大門千夏=(22) 「テニスがいるんだ」顎をしゃくっていきなり言った。自分たちの要求を聞くのは当たり前と言った横柄な態度。 「ここはバザーだから何時でも売りますよ。一足二レアル」鉄格子の内側から大声で怒鳴った。よく見ると意外と小奇麗なTシャツを着て、半ズボンにゴムぞうり姿。しかし顔や手足は汚れて […]