ホーム | コラム | 樹海 | 引っ張るのなら足ではなく手を

引っ張るのなら足ではなく手を

 昨年9月のカヌー・スプリント日本選手権で、優勝した小松正治選手がドーピング検査で陽性となって優勝を取り消された事件で、先輩の鈴木康大選手が小松選手の飲み物に薬物を入れた事が判明と、9日に日本カヌー連盟が発表した。小松選手は「自分は薬物なぞ使っていない」と訴え、鈴木選手にも泣きながら相談したというが、その後の調べで、ライバルを陥れようとのスポーツ選手にあるまじき行為があった事が明らかになったのだ▼残念だが、自分より優れた成績を上げたり、成功したりした人を妬み、陥れようとする行為は、相手を助けて高みに上るのを支援しようとする行為よりはるかに多い。ブラジルに住む日本人の間でも、友人や知人が土地や家を買ったとか、事業で成功したという話を聞いた途端、背中を向けるようになったり、成功者の陰口を言いふらし始めたりという話を聞いた事がある▼ブラジルの選挙戦もまた然りで、相手の悪口や批判に終始する討論会には辟易する。「足の引っ張り合い」は本人の印象も悪くするが、先の事件絡みの報道では、鈴木選手は7年位前から他の選手の道具を盗んだりしており、その頃から成績が落ちていたという記事まであった▼相手を陥れる工夫をする時間があれば、練習したり、より優れた対策を練ったりする時間だってあるはずだし、共に高みを目指す事も出来たはず。こう書けば「きれい事過ぎる」と批判される可能性もあるが、相手が倒れたら手を差し伸べて立たせるのが本当のスポーツマン精神ではないだろうか。今年はW杯や統一選挙もある。スポーツに限らず、足を引っ張り合う姿でなく、手を差し伸べあう姿を見たいものだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に2020年10月15日 サッカーW杯南米予選=ブラジル2勝目で勝ち点6=ネイマール代表得点歴代2位に  サッカーのブラジル代表チームは12日のW杯南米予選のペルー戦で、終始先行されるなどデフェンスの弱さとクリエイティブなプレーの欠如に苦しむ中、ネイマールがハットトリックで押し返して4対2で下した。また、期待のリシャルリソンは、184センチの長身を活かしたプレーで存在感を […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]