ホーム | 文芸 | 刊行 | イタペセリカ日本語学校=80周年記念誌「心豊かに」

イタペセリカ日本語学校=80周年記念誌「心豊かに」

来社した田畑さん

来社した田畑さん

 2015年に創立80周年を迎えたイタペセリカ・ダ・セーラ日本語学校(牧山純子校長)。このたび記念誌『心豊かに』が発刊された。同校の歴史や卒業生、在校生の言葉などが掲載されている。日ポ両語。
 聖州イタペセリカ・ダ・セーラ市に位置する同校は1935年の開校。1942年1月にブラジル政府が日本との国交を断絶し日本語が禁止された後も、こっそり授業を続け日本語教育を貫いた。ドイツ系の先生がいて彼女が学校に検査に現れた官憲に「ここで日本語を教えていません」と説明し納得させていた。
 記念誌は400部発行され、同校の卒業生ら関係者に配布される。80周年式典準備委員長の田畑稔さんは「やっと完成することが出来た。みんなに喜んでもらえると嬉しい」と話した。入手希望者は田畑さんまで(電話=11・4147・1459)連絡を。


□関連コラム□大耳小耳

 イタペセリカ日本語学校記念誌『心豊かに』には2015年の80周年式典の様子も記載があり、先亡者慰霊法要で南米浄土真宗本願寺派の清水仁恵(じんけい)師の法話が紹介されている。「ありがとうの反対の言葉は何だと思いますか? 反対の言葉は『あたりまえ』です。ありがとうは有ることが難しいということ。皆が今ここで過ごしてきたことは当たり前ですか? 先代が日本学校を創立してくれたおかげであって、当たり前ではありません」。日本語を解説しながら先人への感謝を諭すという、その場にいた人々の心に、これ以上無いほど響く法話になったに違いない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞2018年12月20日 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞  『ブラジル日系文学』第60号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。  今号の特別寄稿には、「茶の湯―市中の山居」(林宗円)を掲載。外国文化を取り込み、独自の日本文化と昇華させた茶の湯の発展史を紐解いた。ブラジル政治雑談「ボウソナロ氏に決定」( […]
  • 故郷、民族性について討論=『西風』第8号発刊2018年11月14日 故郷、民族性について討論=『西風』第8号発刊  西風会は『西風』第8号(247頁)を9月に刊行した。毎月1回集まって議論する私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  今回の座談会のテーマは「故郷―ふるさと、について語る」。座談会参加者9人が郷愁の想いや各自の「故郷」について話し合った。また […]
  • 『ブラジルの日系人』第4版=出版会30日、優秀論文発表も2018年10月19日 『ブラジルの日系人』第4版=出版会30日、優秀論文発表も  移民二世の視点が中心となって描かれた移民史『O Nikkei no Brasil(ブラジルの日系人)』の第4版の出版記念会が、30日午後7時から、文協貴賓室(R. Sao Joaquim, […]
  • 沖縄県人移民塾=『群星』第4号刊行、合評会27日=壮絶な戦争孤児体験も掲載2018年10月16日 沖縄県人移民塾=『群星』第4号刊行、合評会27日=壮絶な戦争孤児体験も掲載  ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)が発行する同人誌『群星』第4巻が8月に発行された。日ポ両語。本紙編集部やブラジル沖縄県人会本部にて無料配布中。  今号では、ブラジル沖縄県人移民110周年を迎えて「県人移民85周年記念祭典」を特集。  一世の郷愁を癒すた […]