ホーム | 日系社会ニュース | 大塚弥生さんが佳作に=泉佐野市のタオル筆絵手紙で

大塚弥生さんが佳作に=泉佐野市のタオル筆絵手紙で

インディオのお面をテーマにした作品

インディオのお面をテーマにした作品

 絵手紙や書道を教えている大塚弥生さん(73、山口県)=サンパウロ市在住=の作品が、「第8回タオル筆で描く絵てがみコンクール」(大阪府泉佐野市教育委員会主催)の佳作に選ばれた。19日に来社して喜びを語った。
 「タオル筆」とは、使い古したタオルを割り箸に巻きつけて輪ゴムで止めたもの。タオルの産地、大阪府泉佐野市がもったいない教育、絵手紙文化の更なる広がりを目的に行っている。日本全国や海外から1937点が昨年11月までに応募され、1月に入賞作品の発表が行なわれた。
 大塚さんは、アマゾンのインディオが魚の骨やウロコや木の実で作ったお面を描き、自然と共生する彼らの考え方や生活様式を言葉にした。昨年5月に6枚ほど描いた同じテーマの連作のうち、一番気に入ったものを日本に送った。
 02年から絵手紙をはじめ、その後、感染症などで08年に左足を切断することになり、「当時は死ぬことばかり考えていたが、絵手紙を病院の看護婦などのプレゼントしたらすごく喜ばれ、私も元気を徐々に取り戻してきた。元気をなくしている人がいたら、ぜひ絵手紙を始めてみては」と勧めた。絵手紙教室の問合せは大塚さん(電話11・2976・0798)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • ■ひとマチ点描■オンラインでアマゾンツアー2020年7月24日 ■ひとマチ点描■オンラインでアマゾンツアー  外出自粛規制によって壊滅的な被害を受けている旅行業界だが、新しいアイデアが生まれている。アマゾナス州にあるツアー会社VELTRAは、オンラインによるマナウス市場のウォーキングツアーを始めた。  このツアーはマナウス在住のキヨシさん(福岡県・準二世)が、オンラインアプ […]
  • 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行2020年3月28日 森で光る菌を先住民と見よう=アマゾン研究所の石川さんが絵本=4言語「ひかるもり」刊行  日英ポルトガル語の3カ国語と先住民のニェエンガトゥ語による絵本『ひかるもり』(全64頁)が、昨年11月に刊行された。出版記念のイベントで2月25日~3月7日まで訪日していた、アマゾナス州都マナウスの国立アマゾン研究所(INPA)で研究員として勤める石川カズエ・ノエミア […]
  • 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(21)=グァタパラ移住者が大集合!2019年11月9日 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(21)=グァタパラ移住者が大集合!  二河川合流点へ向かうボートは、2つに分かれた。一緒になった伊東信比古さんは、いつものようにビールを持ち込み、色んな人に配り始めた。「この旅行中、朝、昼、晩とずっと飲んでいますよね?」と山田康夫団長に聞くと、「午前中に6缶飲んでいた時もあったよ」と耳打ちされた。天晴であ […]
  • 気候変動と燃えるアマゾン―文明のあり方を問う=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2019年10月30日 気候変動と燃えるアマゾン―文明のあり方を問う=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  2011年3月11日、私たちは日本列島の東北海岸一帯で起きた大津波が、人の営みを容赦なく一瞬にして押し流す自然の猛威による惨状を目の当たりにした。誰もが決して忘れることのできない恐ろしいものが、脳裏に刻まれた。  それ以来、毎年と言っていいほど、台風による大雨、時季 […]