ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ドッジ検察長官=ルーラ元大統領釈放を試みた判事の捜査を高等裁に要請=「個人的利益優先」と糾弾

《ブラジル》ドッジ検察長官=ルーラ元大統領釈放を試みた判事の捜査を高等裁に要請=「個人的利益優先」と糾弾

ラケル・ドッジ連邦検察庁長官(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

ラケル・ドッジ連邦検察庁長官(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 【既報関連】ラケル・ドッジ連邦検察庁長官は11日、第4連邦地域裁(TRF―4)のロジェリオ・ファヴレト判事に対する捜査要請を連邦高等裁(STJ)に出したと12日付現地各紙が報じた。
 ロジェリオ・ファヴレト判事は日曜当直の立場を利用して、8日にルーラ元大統領への人身保護令を適用し、釈放命令を出していた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ