ホーム | ブラジル国内ニュース (ページ 2)

ブラジル国内ニュース

《ブラジル産鶏肉》20工場の製品が禁輸に=EU「衛生基準を満たさず」=保護貿易の隠れ蓑とブラジルは反発

パラナ州鶏肉加工場(参考画像・ANPr/SINDIAVIPAR)

パラナ州鶏肉加工場(参考画像・ANPr/SINDIAVIPAR)  【既報関連】欧州連合(EU)は19日、ブラジル国内20カ所の食肉工場で生産された鶏肉の輸入を停止する決定を下したと、20日付ブラジル各紙・サイトが報じた。  ブラジルからEUに輸入されている鶏肉のおよそ3分の1が停止処分の対象となる。政府試算、業界試算で差がある ...

続きを読む »

《ブラジル》アマパー州で水俣病発生の可能性=魚から基準値超える水銀検出

 アマパー州科学調査研究所(Iepa)が行った調査によると、同州内の全ての川から採取された魚から高濃度の水銀が検出されたと18日付G1サイトが報じた。  Iepaによると、水銀濃度は、魚の身1グラムにつき0・5ミクログラムという世界保健機関(WHO)の基準の10~20倍に達していた。汚染が特に酷いのは、アラグアリ、ジャリ、オイア ...

続きを読む »

《ブラジル》組合税の存続求め、労組が法廷闘争=「最高裁が決めるしかない」とも

首都ブラジリアで抗議活動を行う労組(参考画像・Wilson Dias/Agência Brasil)

首都ブラジリアで抗議活動を行う労組(参考画像・Wilson Dias/Agência Brasil)  組合税支払い義務の廃止を定めた改正労働法が昨年11月に施行され、5カ月が経過したが、ブラジル内の地域を問わず、多くの労組が司法に訴え、組合税の存続を認める仮処分を勝ち取っていると、20日付現地紙が報じた。  組合税は各組合にと ...

続きを読む »

サンパウロ市ジャバクアラ=EMTUバス内で銃撃戦=軍警や強盗など3人死亡

 19日昼、サンパウロ市南部ジャバクアラで、複数の市の間を走行するEMTUのバスの内部で銃撃戦が行われ、3人が死亡、5人が負傷する事件が起きた。20日付現地紙が報じている。  この日の午後4時頃、EMTUのバスがエンジェニェイロ・アルマンド・デ・アルーダ・ペレイラ大通りを通っていた際に、3人組の強盗が乗りこんだ。  強盗たちは携 ...

続きを読む »

《ブラジル経済》企業家信頼感指数が9カ月ぶりに減少=景気回復ペース、早くも鈍化か?

CNI会長ロブソン・アンドラーデ氏(Miguel Angelo/CNI)

CNI会長ロブソン・アンドラーデ氏(Miguel Angelo/CNI)  ブラジル全国工業連盟(CNI)が19日、4月の企業家信頼感指数(工業界の企業家の信頼感指数、ICEI)は、先月の59・0ポイントより2・3ポイント低い、56・7ポイントだったと発表した。  昨年8月から今年3月まで、2回の横ばいを間に挟み、6回の上昇が続 ...

続きを読む »

レシフェで「ブレーガの日」制定=北東部で人気の「ブラジル版演歌」

 ブラジル北東部のペルナンブッコ州レシフェ市では、バイオンやフォフォーなど、特有の音楽ジャンルが突出して人気があり、固有の音楽文化を形成していることで知られている。今回は、その中のひとつ「ブレーガ」を市の文化にするべく、休日を設けようとする動きがあり、それが実現化した。  ブレーガは、主にリズム面からジャンル分けされがちなブラジ ...

続きを読む »

サンパウロ市地下鉄5号線=1億レアル超の損害で総裁ら被告人に=レール幅異なる車両購入=使用せず保証期限切れ=州検察の告発を地裁が受理

建設中の5号線のシャカラ・クラビン駅(Eduardo Saraiva/A2IMG)

建設中の5号線のシャカラ・クラビン駅(Eduardo Saraiva/A2IMG)  地下鉄の車両購入に伴う不手際で、州財政に6億レアル以上の損害を出したとして、サンパウロ州都市交通局長のクロドアルド・ペリシオーニ氏や、サンパウロ市地下鉄(メトロポリタン公社・以下メトロ)総裁のパウロ・フィゲイレド氏ら、9人を対象とした起訴状を、 ...

続きを読む »

《ブラジル》バルボーザ元最高裁長官=5・15までに大統領選出馬表明=世論調査で高い支持率記録=マリーナとの連立はなし?

バルボーザ氏(Fellipe Sampaio/SCO/STF)

バルボーザ氏(Fellipe Sampaio/SCO/STF)  ブラジル社会党(PSB)は、5月15日までに元最高裁長官のジョアキン・バルボーザ氏の大統領選への出馬表明を行いたいとしている。噂されているマリーナ・シウヴァ氏との連立は「考えていない」と同党党首は語っている。19日付現地紙が報じている。  バルボーザ氏は6日にPS ...

続きを読む »

《ブラジル》石油開発区域内にサンゴ礁=アマパー沖は動植物の宝庫

 2013年にフランス系のTotal社らが落札したアマパー沖の石油開発鉱区内に、動植物の宝庫ともいえるサンゴ礁がある事が判明し、自然保護団体のグリンピースや連邦検察庁が、国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)に開発許可を与えないように求めていると18、19日付現地地サイトが報じた。  グリンピースによると、アマゾン川河口から ...

続きを読む »

《ブラジル》飲酒運転禁止法改正で19日から罰則強化=罰金で禁固逃れも難しく

 飲酒運転禁止法(レイ・セッカ)の罰則が19日から厳しくなったと、19日付現地各紙・サイトが報じている。  これまでは、飲酒運転で他者を負傷させた場合の禁固刑は最大2年だったが、それが最大5年になった。死者が出た場合は、最大で禁固8年(加害者に殺害への明確な意図がない、「過失」に限られる)になった。  改定前は、警察署長の一存で ...

続きを読む »