ホーム | 格差 関連記事

格差 関連記事

《サンパウロ州》州立校の3割は国家高等教育試験(Enem)で全国平均以下=州別でも6位に甘んじる

全日制が採用された学校の様子(参考画像Diogo Moreira/A2 FOTOGRAFIA)

 サンパウロ州教育局が管轄する州立校の全体の約3割は、2016年の国家高等教育試験(Enem)において、全国の州立校の平均に達していないと、13日付現地紙が報じている。  サンパウロ州立高校の内、州立技術校(Etec)を除いた普通科高校3600校中、半数以上の生徒が試験を受けたのは1399校。その内の423校(30・2%)の成績 ...

続きを読む »

東西南北

 10日、サンパウロ市西部イタイン・ビビにあるジャニオ・クアドロス・トンネルで、トンネルの手前に設けられた、進入規制のための梁(はり)にバスがぶつかり、そのショックで約1・5トンの梁が落下、後続の乗用車の上に落ちる事故が起きた。幸いにも直撃したのが後部座席であったために、乗用車を運転していた看護婦は負傷せずにすんだが、車の屋根は ...

続きを読む »

サンパウロ市=子供を取り巻く環境は?=4割が劣悪な26区に在住

 サンパウロ市内96区の所得や教育、保健衛生などを28項目で評価した結果、6歳以下の子供の4割は劣悪とされた26区に住んでいる事が判明した。  5日付G1サイトによると、調査を行ったのはレデ・ノッサ・サンパウロで、各区を項目別に評価した結果、評価が低い方から30番以内に入った項目が10以上あった区は26区あった。  評価の低い項 ...

続きを読む »

《ブラジル》教育機会指数=伸びは遅く、地域による格差も=北東部セアラー州の市が全国1位に

 教育系非政府団体の公共リーダーシップセンター(CLO)が発表した、教育機会指数(Ioeb)によると、同指数の伸びは全体的に遅く、地域によって差がある事が分かったと、7日付現地紙が報じた。  全国の約5千市を対象とする調査によると、社会階層、障害の有無や学習習熟度などにかかわらず、疎外されることなく教育を受けられるかという面と、 ...

続きを読む »

《ブラジル》年金改革成立の可能性微増?=市場関係者らが私見示す

最近のブラジル株は年金改革の見通しの改善、悪化に左右される値動きになっている(参考画像・HUGO ARCE/Fotos Públicas)

最近のブラジル株は年金改革の見通しの改善、悪化に左右される値動きになっている(参考画像・HUGO ARCE/Fotos Públicas)  ブラジル政府最大の課題である年金改革は、5月のテメル大統領の汚職疑惑発覚や、その後のブラジル検察庁による、2回に及ぶ大統領への起訴と、議会による審理継続棄却などで、スケジュールも大幅に遅れ ...

続きを読む »

《ブラジル》10年間で死者が25%増加=医療の発達や高齢化を反映

 ブラジル地理統計院(IBGE)が14日、2016年の死者数は127万898人で、2006年の101万9393人と比べると24・7%増えたと発表したと14、15日付現地紙・サイトが報じた。  IBGEによると、1976年は死者全体の27・8%を占めていた1歳未満の子供の死者と、34・7%に及んだ5歳未満の子供の死者は、2016年 ...

続きを読む »

《ブラジルの教育》公立の小学3年生の半数が、読み書き計算能力不十分=目立つ南北間の地域格差

今年5月に大統領公邸を訪問した児童、生徒たち(参考画像・Alan Santos/PR)

 昨年行われた国家識字率調査によると、公立の初等教育校に通う3年生の生徒の半数以上が、読み書き、計算のレベルが不十分で、書き取りの能力に関しては、3分の1以上が授業についていけていないと言う事が分かった。  これは、ブラジル教育省が2016年に行った調査結果の一部を25日に事前公表したことで分かった。調査では、母国語(ポルトガル ...

続きを読む »

サンパウロ市の中に凝縮される格差=平均寿命の差は24年も

 レジ・ノッサ・サンパウロが24日、サンパウロ市内の「格差地図」2017年版を発表した。サンパウロ市内の各区を38の項目で分析した結果、区別の平均寿命は最大で24年弱違う事などが判明したと24日、25日付現地紙・サイトが報じた。 このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員につ ...

続きを読む »

格差や偏見が仕事さえ奪う?

 24日にサンパウロ市内の社会格差に関するデータが発表された事を受け、25日のニュースが、1年8カ月も求職中で面接も何度も受けたが、周辺部に住んでいるせいで断られている褐色(黒人系の混血)男性の例を紹介した。○○在住とか、○州出身という事で差別されるという事実は、生まれや居住地、肌の色という、本人には変えようがない要因が偏見など ...

続きを読む »

ボウソナロ=仰天政策が次々に続出=人気極右大統領候補がアメリカ・キャンペーンで残した疑問

ボウソナロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 18年の大統領選の世論調査で支持率2位につけているジャイール・ボウソナロ下院議員が、大統領選を1年後に控え、アメリカでキャンペーンを行ったが、そこで次々と仰天発言を行い、疑問点や矛盾点も垣間見せている。  ボウソナロ氏は、左翼政権の労働者党(PT)の汚職スキャンダル、ならびに罷免された同党のジウマ大統領罷免後に大統領についた老 ...

続きを読む »