ホーム | 連載 | 2003年 | 俳優・竹本孝之の連載エッセイ | 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第2回-「今楽しければ」の風潮

俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第2回-「今楽しければ」の風潮

2001年10月4日(木)

 この夏、私は中学生日記の「心の旅」というシリーズで、初めて中国を訪れた。向かった先は、広東省広州。中国の南玄関とも呼ばれる都市である。そこの広東電子台(テレビ局)では、我中学生日記と似たような番組を制作しているらしい。中国の中学生達が今抱える問題や流行等、リアルな視線で作り上げるスタイル。出演者も皆、中学生。殆ど中学生日記と同じである。私は、その出演者の何人かと話をする事が出来た。
 彼等との話の中で、今私が知っている日本の中学生と圧倒的に違うと感じたのは、ナショナリズムである。私はこの言葉を「国を愛する心」と定義付けるが、彼等とのインタビューの端々にそのナショナリズムを強く感じられた。
 今回の旅で、私は中国に持っていった一つのテーマが有った。今日本で大きく問題になっている、「勉強って本当に必要なのか?」と言う問いかけに、彼等は「勉強は必要だ。自分の為、家族の為、地域の為、ひいては国の為になるから」と事も無げに答えてくれた。何か一つ腑に落ちない私は、「でも、それってすごくストレスを感じない?」と少し意地の悪い質問をすると、「ストレスは感じる。でもそれが力になるんですよ!」と笑顔で答える。
 「国の為って言っても、自分がこの中国の為に役立つ人材になりたいのです」
 一人の子供がそう言ったのなら、少し優等生的な発言だなとも思えるが、誰に聞いてもほとんど同じ答えが返ってくる。私は愕然としてしまった。今の日本の子供達に同じ質問をして、この答えが聞ける事は殆ど無いのではなかろうか。社会主義が色濃く残る中国だからこその答えなのか?
 私の目から見ても、今の日本人は刹那的に生きる傾向が在るような気がしてならない。その日さえ、その一瞬さえ良ければ的な生き方。今私が付き合っている、中学生日記に出演している子供達の中にも、自分の将来へのビジョンが全く無い、もしくは見えないといった子が沢山いる。「今楽しければそれで良い」そういった風潮が日本中に蔓延している気がする。手本を示すべき大人がそれでは、変わりようも無いのか…
国が違い、生活も習慣も違い、受け継いできた歴史が全く違う二つの国だから、全てを真似しろとは決して言わない。でも、お互いの悪い所を直し、良い所を見習う。そういった謙虚な気持ちが必要ではないだろうか。自分を含め、今の日本人は何か大切な物を見失い続けていたのではないかと、気付かされた旅になった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 俳優・竹本孝之2003年7月15日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第9回-日系子女の声求めて来伯 2003年7月15日(火)  『NHK中学生日記』矢場先生役の竹本孝之です。今私は、ブラジル・サンパウロ行きの飛行機の中でこの文章を書いております。近くなったとはいえ二十四時間。私の住む日本から見れば、地球の真反対にあたるブラジルの地に私は漸く行く事が出来ます。 私はこの […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第7回-化粧に熱心な女子生徒2002年6月28日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第7回-化粧に熱心な女子生徒 2002年6月28日(金)  四季がある国日本。是からの季節、日本では北海道を除くほぼ全ての地域で梅雨に入る。六月半ばから七月半ば迄のこの一ヵ月で、年間総雨量の三分の一から半分もの雨が降る地域もあると言えば、かなりジメジメした日々が続く事を理解して頂けるだろう。この梅雨が […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第6回-学力低下の中で週5日制2002年4月19日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第6回-学力低下の中で週5日制 2002年4月19日(金)  今年の桜は、例年より一週間から十日開花が早かったそうだ。四月上旬の今、新緑の葉が光に眩しい。四月が新学期となる日本では、真新しい制服に身を包んだ新入生達の姿が見受けられる。未だ何処となくぎこちないその姿に、青さを感じてしまうのは私だけではない […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第5回-何となく全員高校進学2002年3月21日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第5回-何となく全員高校進学 2002年3月21日(木)  今日本の中学生、特に最終学年を迎えた三年生は、大きな岐路に立たされている。日本の学年制度は、小学校が六年間、中学校が三年間である。日本の義務教育はこの九年間で、その先は自由に選択出来るようになっている。今では私立の学校も増え、エスカレーター式 […]
  • 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第4回-激変する生徒の環境2002年2月21日 俳優・竹本孝之の連載エッセイ-第4回-激変する生徒の環境 2002年2月21日(木)  私がこの中学生日記と言う番組に参加してから、間もなく一年が経とうとしている。振り返って見ても、ただ驚きの連続だったとしか言いようがない。何が驚きかと言うと、子供達の考え方は勿論の事、友達・クラスメートとの付き合いで、それぞれ自分のキャラクター […]