ホーム | 日系社会ニュース | 東洋街に花の広場=百花らんまん=サンパウロ市民の目楽しませる

東洋街に花の広場=百花らんまん=サンパウロ市民の目楽しませる

1月11日(土)

 サンパウロ市内の三重県橋と植塚橋の間にあるドウトール・アウメイダ・ジュニオール広場の花壇に植えられた花が色とりどりに咲き出した。サルビアの赤が三角形を作り、その中に薄紫のサルビアが盛り上がる。その三角の花壇が両再度に稲妻のように並び、その中を波形のコンクリート歩道が走る。道行く人がほっと一息入れて足を止め、花をめでる市民の姿があった。
 サルビアのほかに、赤、白、ピンク、赤地に白のふ入りのエンパチェンスが野性味あふれるかわいい顔を見せている。ブラジル語では、マリア・セン・ヴェルゴーニャなどと下品な名前を付けられてしまっている。ブラジル中、どこにでも咲いている野の花だ。樹木の下草、岩陰などにはいつくばっている。アンスリウムの緋色(ひいろ)は、しゃく熱の熱帯原産地を想起させる。ハッカ、アレクリンなどの薬草も植えられている。
 大分県副知事と県会議長が昨年、イチョウの木を植樹した。桜、クスノキも植えられた。花壇の外はエリカが小さな紫の花を咲かせ、縁取りされてある。
 サンパウロ市の公園造成計画の一環として建設されたもので、昨年、マルタ市長を向かえて開園式を開いた。向かいにある法科受験学校が水をまいたり、草を取るなどの世話をしている。同校には二千人の生徒が、判事、検事を目指して勉学に励んでいる。花が枯れると、オイスカが苗を調達して植え代える。タボール学校の生徒が今までに十回以上、庭の手入れをした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]
  • 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに2021年5月8日 《サンパウロ州》現行の外出規制2週間延長=商店の営業時間は9時までに  サンパウロ州政府が8日、新型コロナ対策としての外出規制を「移行レベル」のまま2週間据え置くが、商店などの営業時間は延長すると発表したと同日付伯字サイトが報じた。  移行レベルの据え置きは、直近7日間の死者の平均値や新規の入院患者数の平均値が期待したほど下がらず、高止まりして […]
  • サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり2021年5月8日 サンタクルス病院=29日に「日本病院」名復活=戦中の連邦介入以来79年ぶり  サンパウロ市南部にあるサンタクルス病院(Hospital Santa Cruz、佐藤マリオ理事長)は7日、同院の創立記念日4月29日を機に「サンタクルス日本病院(HOSPITAL JAPONÊS […]
  • 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など2021年5月8日 東京埼玉宮城=持ち帰り屋台まつり開催=カレーパン、豚味噌角煮など  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会は30日に「宮城埼玉東京屋台祭り」を開催する。  会場は、サンパウロ市リベルダーデ区にある宮城県人会館(Rua […]
  • 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者2021年5月8日 《ブラジル》マンジック氏が死去=ネット黎明期の成功者  ブラジルにおけるインターネット黎明期の成功者として知られるアレッシャンドレ・マンジック氏が6日、サンパウロ市で死去した。66歳だった。6、7日付現地紙、サイトが報じている。  マンジック氏は1954年にサンパウロ市で生まれ、1972年にサンパウロ州技術学校を卒業後、シーメン […]