ホーム | 日系社会ニュース | カンポス=今年は満開と保証=期待されるアジサイ祭り

カンポス=今年は満開と保証=期待されるアジサイ祭り

1月15日(水)

 カンポス・アジサイ祭りが二十五、二十六日午前十時から、カンポス・ド・ジョルドン市で開かれる。カンポス桜クラブ(山本政信会長)と援協カンポス桜ホーム(辻雄三経営委員長)が共済する。アジサイ祭りは今回で二回目。
 山本会長たち関係者が十三日午前来社、「昨年第一回は雨天を恐れ、三月に開いたため花のないアジサイ祭りとなった。今年は雨期開催で雨となる可能性もある。花は現在、満開。十二月中旬から咲き始めており、二月中旬まで花はある」と、満開を保証した。
 祭りプログラムはサンパウロ日伯援護協会カンポス桜ホーム(電話=12・262・2911)、カンポス・ド・ジョルドン市ヴィラ・アウベルチーナ区、カピトン・タサブロウ・ヤマグチ通り二一七三番の三カ所で行われる。桜ホームでは焼きそば、弁当、てんぷらなどが用意される。
 和楽研究美和会の演奏、カラオケ、ベリーダンス、パライーゾ婦人会の日本舞踊、海藤少年少女民謡団の演奏、藤間芳寿門下生の日本舞踊、田中豊渕、土持豊暁さん指導の盆踊りなどがある。

image_print

こちらの記事もどうぞ