ホーム | 日系社会ニュース | 野田書籍活かす=主に古典文学書=UNESPアシス校へ贈る=コチア産組で翻訳担当=無類の読書家だった良博さん

野田書籍活かす=主に古典文学書=UNESPアシス校へ贈る=コチア産組で翻訳担当=無類の読書家だった良博さん

1月17日(金)

コチア産業組合で翻訳を担当していた故・野田良博さんが所蔵していた日本語書籍、主として古典文学書が、アシスにあるサンパウロ州立大学(UNESP)日本語学科に寄贈されることになった。十五日、野田さんの助手としてコチア産組で翻訳に携わっていた田代エリーザUNESP助教授らが野田さんの家を訪れ、妻のゆり子さんの立ち会いのもと、本を搬出した。
野田さんは二〇〇一年の九月十三日に肺気腫で亡くなった。サンパウロ市ブタンタンにある自宅の書斎には、高野書店などを通して購入した日本語書籍数百冊が残された。この貴重な蔵書が散り散りになってしまうのは忍びないということで、今回の寄付が決まった。
野田さんは、ブラジルに駐在した外交官で、『日葡事典』の編纂に従事した野田良治さんの息子。コチア産組では、内部文書、週報、月報などの翻訳を担当していた。日本語を使える人が少なくなっていたため、貴重な人材だった。ゆり子さんは夫の仕事ぶりを思い返して「努力家でした。無口でしたけどね。コチアのためを思って仕事をしているように見えました」と話す。エリーザさんも共に仕事をした時期を振り返り、「まじめな人でした。私の翻訳はいつも訂正で真っ赤になって帰ってきた」と語る。そのエリーザさんがアシスに日本語の教師として移ったことが、本の行方を決めた。
エリーザさんと一緒にアシスから訪れた岡本モニカ助教授、城セシリア教授などと一緒に運び出した本は、ダンボール箱でちょうど十箱。高野書店が車を出し、回収した。
ブラジルの大学では国際交流基金などから日本語書籍を受け取ったり、大学が買ったりすることはあるが、エリーザさんは「日本語の書籍は高くて、必要なほどはない」と現状を話す。野田さんの蔵書には今昔物語、源氏物語などの古典が揃っていて、非常に役に立つだろうとのこと。
 ゆり子さんは「主人もよろこんでいるでしょう」と話していた。それでも、書斎の壁一面を埋め尽くしていた夫の形見がなくなって「寂しくなりません」と聞かれ、「なりますよ、そりゃあ」と答えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》「12レアルで買える贈り物」=11歳男児の求めに溢れる好意2021年5月13日 《サンパウロ州》「12レアルで買える贈り物」=11歳男児の求めに溢れる好意  「母の日」を前に11歳の男児がフェイスブックに掲載した「12レアルで買える贈り物」を探すメッセージが、多くの人の心を打ち、数時間の内に本人達が予想だにしなかったほどのプレゼントが届いたと10日付G1サイトが報じた。  メッセージの主は、サンパウロ州内陸部のバウルー市 […]
  • 《アマゾン》ヤノマミ族居住地を襲撃=マフィア絡みの違法金鉱夫ら=軍の掃討作戦後も続く抗争2021年5月13日 《アマゾン》ヤノマミ族居住地を襲撃=マフィア絡みの違法金鉱夫ら=軍の掃討作戦後も続く抗争  ブラジル北部ロライマ州の先住民居住地で10日、違法な活動を行っている金鉱夫(ガリンペイロ)による襲撃事件が起き、死傷者が出た。また、翌日は同件の捜査を行っていた連警捜査官らも銃撃されたと10~11日付現地サイトなどが報じた。  連警捜査官が襲撃されたのは、ヤノマミ族 […]
  • 《サンパウロ州》60〜64歳のメトロ料金無料に=1月末でいったん廃止も二転三転2021年5月13日 《サンパウロ州》60〜64歳のメトロ料金無料に=1月末でいったん廃止も二転三転  サンパウロ州地裁が、60歳から64歳の人の地下鉄やCPTM、バスの料金を再び無料にする判断を下した。12日付現地サイトが報じている。  地裁の決定は7日に行われていたが、12日にあきらかになった。11日にはサンパウロ市議会で、この年齢層の人たちの料金を無料にすべきとの公開討 […]
  • 《ブラジル》生後6カ月の乳児に無数の傷=虐待疑い、医師が警察に通報2021年5月13日 《ブラジル》生後6カ月の乳児に無数の傷=虐待疑い、医師が警察に通報  ゴイアス州アナポリス市で、生後6カ月の乳児に無数の傷がある事に気が付いた医師が、虐待を疑って警察に通報、市警が捜査を始めたと11、12日付現地サイトが報じた。  問題の乳児は10日にアナポリス市の救急診療所小児科外来に運び込まれたが、30カ所以上の傷がある事に気づい […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]