ホーム | 日系社会ニュース | 総領事公邸で能を観劇=文化人ら50人を招待

総領事公邸で能を観劇=文化人ら50人を招待

1月24日(金)

 赤阪清隆サンパウロ総領事は二十二日、市内モルンビー区の公邸にブラジルの芸能・文化関係者ら五十人を招き、能の夕べを開いた。来伯中の能楽団体・加賀宝生が、世阿弥作『羽衣』の一部を披露。招待客は夏の夜のひととき、幽玄美の神髄に酔いしれた。
 公演を前にあいさつした赤阪総領事は「鑑賞後はぜひ、能や日本文化について意見交換してもらいたい」などと、ブラジルを代表する文化人に期待を寄せた。
 続き、『ハゴロモ・デ・ゼアミ』の著者で詩人のアロルド・デ・カンポスさんが作品の概要を解説。金の屏風が立てられた公邸内サロンで、重厚な芸風と称される宝生流の能の世界をじっくりと観劇した。 
 招待客の中には舞台演出家アンツネス・フィリョさんや、画家大竹富江さんといった多彩な顔触れが見受けられた。
 ポルトアレグレ公演を終えた加賀宝生の一行はこの日、サンパウロ入り。午後から、国際交流基金サンパウロ日本文化センターと、静岡県人会でワークショップを開くなど精力的にスケジュールをこなした。昨夜二十三日のサンパウロ公演(SESCコンソラソン、アンシェッタ劇場)の入場券は早い段階から売れ切れに。十月の文楽公演に続く日本の古典芸能に対する関心の高さをうかがわせた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン2019年1月10日 鱒料理が味わえる「高原」=避暑地カンポス・ド・ジョルダン  「昨晩サンパウロは30度の熱帯夜だったそうですが、カンポスは12度でしたよ」――標高1600メートルもあり、「ブラジルのスイス」と名高い避暑地サンパウロ州カンポス・ド・ジョルダン市。そこにある日本食レストラン「高原」(Trav. Isola Orsi, […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]
  • ■今週末の催し2018年7月20日 ■今週末の催し  21日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  桜まつり、午前9時、カンポスさくらホーム(Av. Tassaburo Yamaguchi, 2173, Vila Albertina, […]