ホーム | 日系社会ニュース | 水中運動の体験を=ミカ幼稚園、40歳以上にすすめ

水中運動の体験を=ミカ幼稚園、40歳以上にすすめ

1月31日(金)

ミカ幼稚園(辻沢和恵園長)は、一月三十一日、同園の室内温水プールで「ミュージック・スイミング」を開催する。これは水中運動を体験してもらうためのボランティア活動で、四十歳以上の人を対象にしており、参加は無料。
 水中運動は泳げない人でも怪我の心配なく参加でき、筋肉や骨格が強くなる、心臓血管の働きが良くなる、日々のストレスを解消できるなどの効果がある。実際に運動を始める前には、同園のマルセロ・コレット教諭による「水中体操の効用」と題した講演を予定している。
案内に来社した辻沢園長は、「日系の人は年を取ると水着を着るのを恥ずかしがって水泳を嫌がることが多いが、それを乗り越えて参加して欲しい。これをきっかけに健康を意識してくれれば」と語っている。初めての試みだが、今回の結果を見て次回も考えるという。
午前の部は九時から十時まで、午後は二時から三時までになっている。参加者には水着、帽子、タオルを持参してほしいとのこと。会場はパラカトゥ街六十番で、最寄り駅は地下鉄サウーデ駅。連絡先は5585・9258/5589・2380。

image_print

こちらの記事もどうぞ