ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 先だって仲間と三人で一盞傾けながら話題が日本の教育に及ぶ。我らの年齢は還暦過ぎで戦後教育の申し子だがまだまだ当時は昔ながらの学校があった。勿論のことに議論といったものではい。祖母やお袋と風呂に入ると八岐大蛇(やまたのおろち)の話をして呉れたことや大きな山の蛇が美しい娘になり村の長者に嫁いだなどを物語ったのは三人に共通体験なのも面白い▼そのうちに禍泉(酒の別称)の勢いの呑まれてしまったのか、戦後の教育は日教組などで駄目になってしまったになる。「ゆとり教育」とかで学習内容を三〇%も削減し土曜日も休日とはけしからん─の怪気炎となってしまったが、これもお年寄りの仲間入りが近づいたせいか。仲間が言うには「自主性、独創性、創造性を養う」とかの米国式「ゆとり教育」はもう失敗したのだそうだ。それよりも「読み、書き、算盤」の基礎こそが大切だと強調する。なかんずく、国語教育が基本であるとも▼算数や歴史、科学を学ぶにしても国語は欠かせない。知的活動の根本にあるものが国語だし、古典のもつ美しさ明治から始まる鴎外や漱石などの文学に親しみ人間としての情感を豊かにするのも国語なのである。なのに小学校に於ける国語の学習時間は年々減っている。四年生で見ると一九一八年(大正七年)に週十四時間あった▼一九四〇年(昭和十五年)には十二時間。現在は実質的に三、四時間しかない─と嘆き節は続く。こんな体たらくでは古典は疎か明治文学が読めないのも何の不思議もない。  (遯)

03/02/01

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語ふれあいセミナー=110人が交流を深め=寝食を共にする4日間2012年1月18日 日本語ふれあいセミナー=110人が交流を深め=寝食を共にする4日間 ニッケイ新聞 2012年1月18日付け  ブラジル日本語センター(谷広海理事長)主催で17日から『第12回日本語ふれあいセミナー』が開催され、各地の日語学校に通う13歳から16歳の青年110人が互いに交流を深めている。20日まで。 […]
  • 史上最高のF1レーサーは?=ブラジル人は10位以内に3人も2016年4月15日 史上最高のF1レーサーは?=ブラジル人は10位以内に3人も  「史上最高のF1レーサーは誰か?」。こういう質問はF1に限らず、あらゆるスポーツで出てくる。もちろん、活躍した時代の違う選手を数字上の通算成績だけで比べることはできない訳で、比べること自体おかしいのだが、「もし、この両選手が同じ時代に戦っていたら」という夢は誰しもが持つものだ […]
  • 大耳小耳2008年7月9日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年7月9日付け […]
  • 同公園の有機フェイラは、地元住民のコミュニケーションの場でもある2014年5月17日 イビラプエラ公園=有機フェイラが開催中止=再開求めて署名活動中  サンパウロ市イビラプエラ公園のスポーツ施設「モデロードロモ」内で毎週土曜日に開催されていた「フェイラ・オルガニカ」(有機食品の青空市場)が、3カ月の暫定期間を経て開催中止となる。12年11月に始まった同フェイラにはジャルジンス区に住む日本人利用者も多かった。関係者らは継続 […]
  • “男性が妊娠し授乳”=家族支援金=大量のニセ申告発覚2005年3月17日 “男性が妊娠し授乳”=家族支援金=大量のニセ申告発覚 3月17日(木)  【エスタード・デ・サンパウロ紙十六日】貧困撲滅の一環として、ルーラ大統領の肝入りで登場した家族支援金(ボルサ・ファミリア)で大量のニセ申告があることが、社会開発省の調べで明るみに出た。 […]