ホーム | コラム | 樹海 | 二つのパンデミックを乗り越えた人々

二つのパンデミックを乗り越えた人々

退院を喜ぶ人々とライムンドさん(中央、14日付UOLサイトの記事の一部)

退院を喜ぶ人々とライムンドさん(中央、14日付UOLサイトの記事の一部)

 少し前の話になるが、14日付ニュースサイトで、二つのパンデミックを乗り越え、自宅に戻った男性の記事を見た。ミナス州在住で、102歳のライムンド・オリヴェイラさんだ。
 ライムンドさんは生後9カ月でスペイン風邪に罹患したが、それを乗り越えた経験の持ち主だ。
 同氏は75年前、現在92歳のニヴェルシナ・マリアさんと結婚。幸福な家庭を築き、14人の子供(生存者は9人)や22人の孫、25人のひ孫、2人の玄孫に囲まれて生活していた。
 新型コロナ感染症で入院していた妻が良くなって退院した後に、今度は自分が発症して8月17日に入院。集中治療室にいたが人工呼吸器は不要で、8月31日に退院した。
 ライムンドさんの家族は、102歳という年齢もあり、感染確認時に、家には帰って来れない事を覚悟した。だが、ライムンドさんは無事に回復し、退院。医師や看護婦が風船なども用意してライムンドさんを送り出す様子は、家族にとっても感動の一時だった。
 家に着いて真っ先に探したのは、75年間連れ添って来た妻だったというライムンドさん。現在はエスピリトサント州イバチバで、奥さんと共に回復に努めている。
 今月はリオ連邦大学が創立100周年を迎え、前身の医科大学時代も含め、二つのパンデミックとの戦いを続けているとの記事も出ており、二つのパンデミックを乗り越えたとの話は印象深い。
 世界に目を向ければ、米国やスペイン、イタリアなどでも二つのパンデミックを乗り越えた人の事が報じられている。
 世の中には誕生前に亡くなる胎児や若くして亡くなる人もいる。ブラジルではコロナだけで約14万人が亡くなっている中、命の尊さにもう一度思いを馳せたい。  (み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》1月の出生数15・7%減少=2002年1月以来の少なさに2021年2月24日 《サンパウロ州》1月の出生数15・7%減少=2002年1月以来の少なさに  新型コロナの感染拡大で、サンパウロ州での1月の出生数は4万5222人で、昨年1月の5万3690人を15・7%も下回った。  サンパウロ州の自然人登録者協会(Arpen―SP)が19日に発表したもので、今年1月の出生数は、同月としては2002年1月以来の少なさだという。Arp […]
  • 《ブラジル》スエレンが78キロ超で銅=柔道グランドスラムで今年初のメダル獲得2021年2月24日 《ブラジル》スエレンが78キロ超で銅=柔道グランドスラムで今年初のメダル獲得  18~20日にテルアビブで開催された柔道のグランドスラムの最終日に、ブラジルのマリア・スエレン・アルテマンが3位に入り、ブラジル選手としては今年初となるメダルを獲得した。  スエレンは準決勝でブラジル出身だがポルトガルに帰化したロシェレ・ヌネスに技あり一本で敗れ、3 […]
  • コロナ禍=サンパウロ州などで入院患者が増加=昨年のピーク上回る病床占有率も=中断した予防接種の再開間近2021年2月24日 コロナ禍=サンパウロ州などで入院患者が増加=昨年のピーク上回る病床占有率も=中断した予防接種の再開間近  26日で新型コロナの最初の感染者確認から1年になる。現在のブラジルは感染第2波の中にある上、変異株の拡散やカーニバル期間中の3密発生などを受け、病床占有率が100%か満床間近、入院患者が過去最高、外出規制強化といった報道が各地で続いている。  他方、ワクチン不足で中 […]
  • 《ブラジル》23、24日に大学入試の追試実施=1月に異例の欠席率記録2021年2月24日 《ブラジル》23、24日に大学入試の追試実施=1月に異例の欠席率記録  23日と24日、1月に行われた国家高等教育試験(ENEM)の追試が行われた。23日付現地紙が報じている。  ENEMは本来、昨年の11月に行われる予定だったが、コロナ禍のため、今年の1月17、24日に実施された。通常の試験の応募者は550万人いたが、感染拡大や受験者の罹患そ […]
  • 東西南北2021年2月24日 東西南北  サンパウロ州政府は22日に会見を開き、失業中の労働者に対する職能訓練プログラム「フレンテ・デ・トラバーリョ」を「ボルサ・トラバーリョ」に改正すると発表した。それによると、従来は月330レアルだった補助金が450レアルに上がり、計5回支払われることになるという。対象は7万人で、 […]