ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》精神病患者に電気ショック?=ブラジル保健省が容認の文書出す

《ブラジル》精神病患者に電気ショック?=ブラジル保健省が容認の文書出す

ルイス・エンリケ・マンデッタ保健相(Gustavo Lima/Camara dos Deptados)

ルイス・エンリケ・マンデッタ保健相(Gustavo Lima/Camara dos Deptados)

 国民に無料の公共医療サービスを提供する、統一保健医療システム(SUS)各機関に対し、精神病患者に電気ショックを与える器具を購入することを認める内容が、ブラジル保健省が今週発表した文書に含まれていたと8日付現地紙が報じた。
 精神病や、アルコール、薬物依存症の患者への新規対処法を定めた32ページの文書には、精神病患者の身体的痛みの軽減法についても書かれている。「精神病患者の身体的痛みの軽減」は、ブラジルの医療行政で、30年以上に渡って議論されてきたテーマだ。
 ルイス・エンリケ・マンデッタ保健相は、文書の存在すら知らないと答えた。取り扱いテーマが、「精神病や、薬物依存症の患者への対処法」である事を知らされると、保健相は、「例え苦痛を和らげるためとはいえ、精神病患者に電気ショックを与えるなんて事は、もっと議論が必要」と答えた。
 ブラジリア大学のアンドレア・ガラッシ教授は「患者に電気ショックを与えることは、精神病治療分野においても、前例のないほど酷い後退措置。文書を読むと、患者の自由を制限する事が本来の意図。『身体的苦痛の軽減』は建前」と断じた。
 保健省の文書には、「電気ショックは深刻な鬱(うつ)状態の患者への対処法」とも書かれているが、電気ショックは過去には患者への虐待行為とみなされてきた。
 電気ショックを認める書類に署名した、精神医療、アルコール、薬物依存症対策部門の部長のキリノ・コルデイロ氏は、「電気ショック療法の実施基準は、厳格に定められている」と電気ショック療法を擁護している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「グランデ・ファミリア」終了へ=ブラジル名物のホームドラマ2014年2月20日 「グランデ・ファミリア」終了へ=ブラジル名物のホームドラマ ニッケイ新聞 2014年2月20日 グローボ局の長寿人気テレビドラマ「グランデ・ファミリア」が、今年の放送を持って終了することが明らかとなった。 「微笑ましく温かい人情ホームドラマ」という存在は、元来、日本で人気のあるジャンルだ。「サザエさん」をはじめ小津安二郎の映画や「男は […]
  • コラム 樹海2007年12月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2007年12月29日付け  年の暮れはなんとなく心が騒ぐ。やり残したことの多きを悔やみ、世の移り変わりも激しい。ブラジルは、1014年のWカップがリオと決まり大喜びしたのはいいが、暮れも近くなると、上院で小切手税が廃止となりル―ラ大統領は大困惑だそうな。こ […]
  • 環境省が水力発電所建設拒否=インディオや環境問題を考慮2016年8月5日 環境省が水力発電所建設拒否=インディオや環境問題を考慮  パラー州タパジョース市のサンルイス水力発電所建設計画の環境許可が国立再生可能天然資源・環境院(Ibama)により拒否された。 許可審議委員会を構成する委員7人は、国家総弁護庁(AGU)と国立インディオ保護財団(Funai)、Ibamaの三者が作成した意見書を基に、インディオの […]
  • 脱税、賄賂捻出に裏帳簿=年間1兆レアルが動く2005年8月16日 脱税、賄賂捻出に裏帳簿=年間1兆レアルが動く 2005年8月16日(火) […]
  • 伝票からクーポンへ=小売りの総背番号制計画中2009年12月4日 伝票からクーポンへ=小売りの総背番号制計画中 ニッケイ新聞 2009年12月4日付け  サンパウロ州財務局は2日、小売り業者が使っている従来のノッタ・フィスカル(小売り伝票)をクーポン・ネット方式に代えることを検討中であると3日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。 […]