ホーム | 日系社会ニュース | 原子力潜水艦建造現場を見学=平崎さん「和田中将のおかげ」

原子力潜水艦建造現場を見学=平崎さん「和田中将のおかげ」

原子力潜水艦の現像現場を見学する一行

原子力潜水艦の現像現場を見学する一行

 リベルダーデ友好会の平崎靖之会長、清原健児副会長、ブラジル日本都道府県人会連合会の市川利雄会長、下本八郎元サンパウロ州議の4人は16日、ブラジル海軍が誇る原子力研究施設「ARAMAR実験センター」(CEA)を訪れて最新鋭の原子力潜水艦建造の現場を見学し、そこを統括する和田典明(のりあき)海軍中将らと昼食を共にした。
 清原さんは「ボルソナロ大統領も先月末に施設を見学しに着たばかり。こんな先端施設を見ることは、一生に一度だと思います。これも和田中将のおかげ。たった2時間では短すぎた」と見学した印象をのべた。
 平崎さんは「ARAMARのような重要施設を日系人が任されているというのはすばらしいこと」、下本さんも「こんな最先端研究施設は初めて見た。とても良かった」と感想を述べた。
 同施設は聖市から西へ125キロ、ソロカバ都市圏のイペロ市に所在する。サンパウロ海軍技術センター(Centro Tecnológico da Marinha em São Paulo、CTMSP)の一部として、1988年に当時のサルネイ大統領が出席して竣工式を行った海軍による原子力研究施設。CTMSPのトップが和田中将だ。ここで、08年に仏との間で締結された技術移転協定に基づき、原子力潜水艦1艦を建造している最中だ。

和田中将を中心に記念写真

和田中将を中心に記念写真

 ここでは、ウラン濃縮技術を始め原子力発電などの核開発に関する研究一般が進められている。万が一、アングラ原発で事故が起きた場合、生物兵器が使用された場合の対処法などにも責任を持つ最先端の研究施設だという。
 和田中将は「わざわざ足を運んでもらい、ありがとう。次はノルデスチにも寄ってください」と挨拶したという。来月からは北東伯の第3海上管区(COM3DN)の司令官として転勤する。
 COM3DNは、セアラー州からアラゴアス州までの海岸および海上を管轄する重要地区の一つだ。海軍航空隊、海兵隊、沿岸警備隊、海難救助隊、などが所属する。昨年は出所不明の原油が大量流出して海軍が中心になって処理作業を行うなどしたばかり。次も責任の重い赴任地だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力2020年11月28日 《ブラジル》全国市長選の結果予測=サンパウロ市はコーヴァス逃げ切りか=リオ市はパエス返り咲き有力  29日の市長選決選投票を目前に控え、注目の都市での世論調査が出た。サンパウロ市では現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)がギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)を僅差でリードのまま当日を迎える。27日付現地紙、サイトが報じている。  ダッタ […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも2020年11月28日 《ブラジル》コロナ禍=リオは医療崩壊寸前か=サンパウロ州でも規制強化求める声=第2波到来は否定するも  【既報関連】新型コロナで第2波到来を口にする専門家も出始める中、リオ州では入院待ちの人が連日200人を超えるなど、医療崩壊の兆候が出ている。オズワルド・クルス財団(Fiocruz)は第2波到来を否定したが、感染者や死者の増加を認め、警告を発したと27日付現地紙、サイト […]
  • サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される2020年11月28日 サンパウロ州内陸部で暴風雨=濁流で車26台流される  サンパウロ州内陸部のサンカルロス市で26日午後、雹を伴う猛烈な雨が降り、市中心部の商店街を中心に大きな被害が出たと26、27日付現地サイトが報じた。  午後4時35分から5時40分までの約1時間に降った雨は138ミリに及び、市内の道路が濁流で覆われた。市内各地で車が […]
  • 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ2020年11月28日 《ブラジル》ブラックフライデー=コロナ禍でネット通販激増=混雑きらい実店舗ガラガラ  27日の「ブラック・フライデー」の売れ方は、コロナ禍の影響もあり、ネット上が強く、販売店では弱いという傾向が出ていると、27日付現地サイトが報じている。  ブラック・フライデーはここ数年、ブラジルでもクリスマスと並ぶ、年間を通じた小売の稼ぎどきとして定着している。だが、今年 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]