ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2008年9月3日付け

 JALが百周年と日伯路線就航三十周年を記念飛行で祝うというのは悪くないアイデアだ。これを聞いて思い出したことがある。以前からコロニアでは言われてきたが、航空会社や海運企業などの運送業界は、ぜひとも日本語書籍や日本文化を紹介する外国語書籍などをできるだけ安価で運んで欲しい。もしくは、無料にできるように日本政府は支援してほしい▼人文研の宮尾進元所長によれば、ルフトハンザ航空はドイツ語書籍を無償で運び、外国にすむ子孫が安価に独文化に触れられるように計らっているとか。外国に運ばれてくるのは、荷物ではなく〃文化〃なのだ▼いまほどブラジルで日本文化が注目されている時はない。世界に冠たる良質な書籍が日本で出版されていても、世界に流通しないのではもったいない。輸送ルートというネックをなんとか越えられないのか。美しい日本語書籍が豊富にあるだけで日本語教育にも強力な助っ人だ▼放っておいてもインターネットを通じてマンガやアニメなどの日本のサブカルチャーは入ってくるし、NHK国際放送も日本文化普及に大きく貢献している。でも、このままサイトからダウンロードして読むEブックの時代になっていくのはさびしい気がする▼日本が世界における存在感を拡大するためには、まず日本文化を広めて地固めをする必要がある。二十万人ものバイリンガル日系人がいるブラジルは、その試験的な試みをやるには売ってつけだ。親米派を世界に広げてきたハリウッド映画のような効果だ▼まずは、安価に〃文化〃を運ぶ試みをやってみてはどうだろう。もちろん、マンガもその一部だ。 (深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 羅府新報社内の新聞保管庫で、過去の紙面を前に語る現社長の駒井幹夫=ロサンゼルス(撮影・水野陽介、共同)2015年5月21日 北米=日系社会の盛衰映す羅府新報=語り継ぎ、記録する責任  【共同】1941年12月7日深夜。米西海岸ロサンゼルスの邦字紙「羅府新報」の駒井豊策社長が長い一日を終えて帰宅すると、米連邦捜査局(FBI)の捜査官たちが待ち受けていた。日曜日だったこの日未明(米太平洋時間)、ハワイの真珠湾を日本軍が奇襲攻撃した。羅府新報は通 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(136)2014年4月12日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(136) ニッケイ新聞 2014年4月12日 「誰とお約束を?」 「証拠を掴んで必ず裁判に引き出すと、殺された女と約束した・・・んです」 「なんだ、ふざけた事を! 西領事、帰りましょうよ! 訳の分からない日本語で話す二世にかまっている暇はありませんよ」遠藤副領事が怒って大声で言った。 隣 […]