ホーム | 日系社会ニュース | ブラジルを懐しむ=超ベテラン歌手 バタやん、なお現役

ブラジルを懐しむ=超ベテラン歌手 バタやん、なお現役

2月8日(土)

 ブラジルが大好きな歌手、田端義夫さんは、今年八十八歳になる。現役である。ブラジルで公演したいと願っている。これまで一九六八年を初回に三度来伯、ステージをつくった。
 ジャバクアラ在住の〃開かずの金庫〃開けの名人として知られる茂木安太郎さんは、田端さんと親友、昨年、自身の古希祝いに夫人と訪日、足掛け九カ月滞日、その間、三回、田端さんと会う機会をつくり、旧交を温めてきた。
 昨年四月に日本に着いた茂木さんは、郷里の群馬で小学校時代の同級会などに出席したあと、翌月、田端さんに会うため上京した。東京駅の八重洲口に田端さんが出迎えていたという。これほど、二人は親しい。積もる話をしたとき、田端さんが「ブラジルにもう一度行きたい。私一人だとギャラはいらないが、スタッフの経費もあるので……」とブラジル公演の困難さを口にした。
 十月二十五日には、東京の「ゆうぽうと簡易保険ホール」で催された第二十九回歌謡祭に招かれた。日本歌手協会(田端義夫会長)の主催だった。ベテランを中心に二十二人の歌手が出演、賑やかな舞台だったという。田端さんはここで、日系コロニアにメッーセージを寄せた。「オース!田端義夫です」で始まっている。「二〇〇三年は日本移民九十五周年の年。大事な節目ですね。私の歌が少しでも皆様の心の安らぎになれば、歌手としてこれ以上の幸はありません」とあった。
 元旦には、電話で年始のあいさつ。年を越して一月二十四日に、別れを告げ、帰国の途についた。田端さんは文協、援協、救済会、汎アマゾニア文協、北伯群馬県人会に、ヒット曲を録音したテープをみやげに託した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パラー州で7団体が新年会=200人がお屠蘇で盛大に祝う2019年1月11日 パラー州で7団体が新年会=200人がお屠蘇で盛大に祝う  【パラー州ベレン発】在ベレン日本国領事々務所(浜田圭司所長)、汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)、アマゾニア日伯援護協会(山本ジルベルト修会長)、パラー商工会議所(山中正二副会頭)、北伯県人会連合会(武田司平会長)、パラー州統領官庁(ルイジエル・グエーデス補佐官)、 […]
  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • 「北伯雇用青年会」正式発足=移住50周年記念式典で=初代会長は角田修司さん2017年11月23日 「北伯雇用青年会」正式発足=移住50周年記念式典で=初代会長は角田修司さん 【パラー州ベレン発】北伯雇用青年会は、同雇用青年会の設立総会並びに、移住50周年記念式典を18日午前11時から開催した。1973年3月、トメアスーに入植した神奈川県出身の御守和夫(みもりかずお)氏が経営するベレンのレストラン出雲が会場だった。  当日は、濱田圭司(けい […]
  • 山崎フユミさん百寿祝う=ベレンで表彰状の伝達式2017年2月24日 山崎フユミさん百寿祝う=ベレンで表彰状の伝達式  【パラー州べレン発】平成28年度100歳以上の高齢者表彰式(百寿祝い)が15日午前10時から、パラー州サンフランシスコ・ド・パラー市の受賞者の自宅において行われた。 […]
  • アマゾン移住90年へ意気込み=2年後に控え、ベレン新年会で2017年1月14日 アマゾン移住90年へ意気込み=2年後に控え、ベレン新年会で  【ベレン発】アマゾン地域の主要日系団体が8日昼、新年祝賀会を催した。会場となった汎アマゾニア日伯協会(パラー州ベレン)の神内講堂には約200人が集り、旧年を省みつつ新年を祝った。  日伯協会の生田勇治会長はじめ、アマゾニア日伯援護協会の山本ジルベルト会長、パラー商工会議 […]