ホーム | 日系社会ニュース | 40人の志は同じ=10カ国に仲間ができた=汎米日本語教師研修終る

40人の志は同じ=10カ国に仲間ができた=汎米日本語教師研修終る

2月22日(土)

 日本語普及センター(谷広海理事長)主催の「第十七回汎米日本語教師研修会」が十三日に終了、同日午前十一時から閉講式が開かれ、研修員四十人が修了証書を受け取った。
 この研修会には、アルゼンチン、カナダ、メキシコなど十カ国が参加。十日間にわたって、「年少者向け日本語指導と副教材」、「日本語教育の課題」、「日本語教育の実際」について講義を受けた。講演やワークショップなどもプログラムに組まれた。
 講師として、中本司郎海外日系人協会日本語専門嘱託、島崎紀子早稲田大学日本語研究教育センター講師、水野晴美国際日本語普及協会専任講師が来伯。国際協力事業団が助成した。
 閉会式を前に行われた研修総括で、「パラグアイ・エンカルナシオンでは、今年の一年生から、国語教育から日本語教育に切り替わる。授業が始まる前にさまざまなことを覚えることができた」と、成果を語っていた。
 中元日本語専門嘱託は、「これで終わりではない。さらに、ステップアップ、自分の勉強ができる場所に出ていってほしい。お互いの研究会や研修会に呼び合ったらどうか」と、研修会を総括した。
 式では、谷理事長が、「志を同じくする仲間が出来たと思う。今後もE-メールなどで連絡を取り合って、関係を密にしてほしい」と、檄を飛ばした。
 小松雹玄JICAサンパウロ支所長は日本語教育をする上での条件として、明るい教師、達成感のある授業など四点を挙げた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から2021年3月2日 《記者コラム》日系コミュニティを共振させるには=南米全伯日本語教育会議から 「創始者」と「最初の追随者」の役割を再認識  「これは日本語教育界だけでなく、日系社会全体で共有すべき考え方だ」――2月27日にオンライン開催された「南米全伯日本語教育会議‐本会議」での水上(みずかみ)貴雄さん(海外日系人協会 […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]