ホーム | 日系社会ニュース | 高齢者の〝身体〟を体験=施設の職員 介護受ける側に立つ

高齢者の〝身体〟を体験=施設の職員 介護受ける側に立つ

3月1日(土)

 「高齢者疑似体験講習会」が二十四日から二十七日まで、グアルーリョス市の特別擁護老人施設、あけぼのホーム(竹村英朗ホーム長)で開かれた。高齢者の身体的、心理的変化を学習することなどを目的にしたもの。JICAシニアボランティアの杉本和恵さんが職員に指導した。
 疑似体験とは、関節に器具をはめたり、重しをつけることなどによって、体の動きを妨げ、介護を受ける側の立場に立つこと。
 今回は、半身不随の状態での移動と歩行、アイマスクを使っての歩行を取り上げた。
 左足を固定、重りをつけると、平衡感覚が失われる。垂直に立つと、腰に負担がかかるため、健手で椅子を押しながら、頭を下げた姿勢で膝を伸ばす。 
 杖をつきながらの歩行になる。重心が左足にかかり、転倒しそうになることもある。たった五メートル移動するのに、ずいぶん時間を必要とする。
 階段の昇降も、健足、患足の順があり、一段一段に気を使う。
 アイマスクをつければ、視覚は無くなる。ちょっとした物音にも敏感に反応してしまう。介護者が、「右へ」と言っても、次の一歩をどう踏み出してよいか、分からない。
 参加者は、「入所者をみて、勝手にして、なぜやらないのかと思っていた。体が重たくて出来ないのが分かった」、「目が見えない時、介護者を信用するしかないと思った。でも、階段の最後の時は不安だった」など、成果を語った。
 実は、講習会の目的を事前に説明しなかった。期待どおりの結果を残せた。杉本さんは、「成功しました」と、満面に笑みを浮かべていた。
 この講習会は、一般向けにも、開きたい考え。老人クラブや県人会など受け入れ団体を探している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]