ホーム | 日系社会ニュース | カワイイ文化から平和発信=ミミパーティーで鶴千羽達成
記念撮影する参加者(写真提供 Bruno Cesar)
記念撮影する参加者(写真提供 Bruno Cesar)

カワイイ文化から平和発信=ミミパーティーで鶴千羽達成

 「日本ロリータ協会」公認の〃ブラジルカワイイ大使〃松田明美さんが昨年12月13日、『第2回ミミ・クリスマスパーティー2015』をサンパウロ市の島根県人会で開催した。会場にはロリータファッションに限らず、自分なりのおしゃれをした幅広い年齢層の約200人が来場し、茶会や抽選、食ブース、ファッションショーで盛り上がった。
 アクセサリーやロリータ衣装、松田さん考案のミミ・オリジナルグッズの販売ブースが並ぶとともに、西洋野菜ビーツを使ったピンク色のカレーライス、ハート型の巻き寿司弁当や、ピンク色のクランベリー茶も販売された。その他にも洋菓子店マリーナ・アサノによるマカロンやミニドーナツ、レストラン「2nd Floor」のシュークリームも人気を博していた。
 今回は『平和学』をテーマとし、来場者やスタッフが願い事などを書いた紙で、千羽を目標に鶴を折るという新たな試みも見られた。イベス・オオタ財団の協力によりスタッフが折り方を教え、出来た鶴は会場に設置された笹に飾っていく。非日系人も初めての経験に悪戦苦闘していたが、午後6時過ぎには目標の千羽を達成し、笹にはイルミネーションが点灯された。
 広島県生まれで13歳まで日本で過ごしたという矢島みどりさん(24、二世)は、日本のアニメを通して仲良くなったという友人2人と来場。帰伯後、当地に馴染めず悩んでいた時に、「自分が好きなポップカルチャーを通してコミュニケーションを取れたことが嬉しかった」という。3人ともロリータ服の購入を考えているが、「普段の外出時に着るのは防犯の面などで恐さがある。でも今後のイベントで試してみたい」と語った。
 松田さんは「今日はパウリスタ大通りでデモが予定されており、来場者が少ないかもしれないと不安があった。千羽鶴は無理かも知れないと思う気持ちもあったが、一致団結して頑張った結果うまくいった。感無量です」と話し、「Fechar com chave de ouro」との当地の慣用句で成功を喜んだ。
 松田さんの言う〃カワイイ〃に年齢は関係なく、ロリータにも限定されない。自分なりのおしゃれをすることで自信や余裕が生まれ、そこから社会貢献などへ繋がると『カワイイ文化』の重要性を見出している。第1回目とは大きく変った今回の経験を、次へ活かしたいと意気込んでいた。


□関連コラム□大耳小耳

 好評だった第2回ミミパーティ。日本でネイル用品を販売する「ココイスト」のブースでは、高精度のジェルネイルの施術も。11歳から大学卒業までを日本で過ごした蜂須賀アドリアーナさん(36、二世)は、帰伯後ネイリストを志し再び日本へ渡り勉強したという。「精度の高いネイルを知ってもらう良い機会」と、日本で学んだ技術を披露していた。ミミパーティは単なるお茶会にとどまらず、〃カワイイ〃用品&技術の見本市にもなるかも?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 武本文学賞、締切り迫る=10月末まで2017年9月22日 武本文学賞、締切り迫る=10月末まで  ブラジル日系文学(武本憲二会長)が、『第35回武本文学賞』の作品を募集している。締切りは10月末日(必着)  【応募規定】▼小説=25~35枚▼随筆=16枚まで▼短歌・俳句=15首(句)▼翻訳=『Vestida de […]
  • 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に2016年8月24日 写真展から伝統芸能まで=沖縄、創立90周年盛大に  今年、創立90周年を迎えたブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)は、写真展、芸能祭、式典をという3つの記念事業を企画した。  『写真展』は28日からサンパウロ州議会(Av. Pedro Alvares Cabral, […]
  • ■訃報■伊木実信さん2015年3月10日 ■訃報■伊木実信さん  1990年代に鳥取県人会のノロエステ線支部長を務めていた伊木実信さんが先月21日、老衰のため亡くなった。96歳だった。 31年にアリアンサ移住地に入植し、翌年にはペレイラ・バレット市に移住。チエテ産業組合の理事を30年務めた。 同市の市政50周年となる78年には、日系移民 […]
  • (左から)高安、宮城、嶺井さん2015年7月2日 沖縄移民研究塾=同人誌「群星」を自費創刊=宮城さんら成果を一冊に=11日にサンパウロ市本部で合評会  沖縄県人会移民研究塾(宮城あきら代表)が5月、同塾での研究成果をまとめた同人誌「群星(むりぶし)」を創刊した。日ポ両語の白黒180ページで、過去の出版物刊行式やボリビア移住地、沖縄民謡を納めたDVD(約2時間)も付属する。先月30日、宮城代表らが来社して説明した。一つの県 […]